このページの本文へ

元気印地域取材レポート―金沢編画像

”元気印”地域取材レポート 第6回石川編

  • 元気プロジェクト

    ネットショップ開設でテレビ局や出版社から取材依頼が!

    目指せ!せんべい100種類 今屋「せんべい浪漫」

    金沢駅から歩いて15分。カニやウニなど、海産物で有名な近江町市場を越えてさらに10分ほど歩いたところにせんべい屋「今屋」がある。大正時代をコンセプトにしたという店の外観は、「せんべい屋」というよりはカフェに近い。明るめの店内で出迎えてくれたのは今屋社長の今 学さんと、ネットショップ担当で「せんべいマダム」の今 優子さんだ。

連動企画スタート!ファーストサーバ磯部社長 特別インタビュー

  • 熱血社長が始めた日本の元気の増産プロジェクト

    ファーストサーバの「脱レンサバ主義」とは?

    熱血社長が始めた日本の元気の増産プロジェクト

    「ニッポン、元気ねぇよなぁ」と話すのはファーストサーバ代表取締役の磯部眞人氏。「地域の中小企業が自立して、自ら活性化していくことが日本の元気につながる」と主張する磯部氏が、なぜ日本の元気にこだわるのか。話を聞いた。

過去の"元気印"地域取材一覧

  • 鉄道模型ファンに愛される京都の模型メーカーさんけい・前編

    第5回 京都編楽天で840円の「手作り」人力車が大人気

    人力車や姫路城、戦車やそば屋などの模型を楽天で販売しているネットショップがある。彩色済みで色を塗らなくてよく、紙製とは思えない精巧な作りでリピーターも多い。後発ながら模型ファンの心を掴んだのが「さんけい」(京都市右京区)だ。

  • 紀州塗500年の変遷とWebの可能性

    第4回 和歌山編漆器の「四大産地」紀州をWebで発展させるには?

    和歌山県北部にある海南市。人口約5万7000人のこの街の主力産業の1つが、漆器産業だ。値段の安い中国製漆器が広がる中、「日本四大産地」の1つ、紀州塗はどのような取り組みをしているのだろうか。角田清兵衛商店の角田卓司氏に聞いた。

  • 「スタバのない県」鳥取で町並作りがまちづくりに!

    第3回 鳥取編温泉まち・鹿野町に相応しいWebサービスを考える

    鳥取県鳥取市鹿野町。「鹿野城跡」と「鹿野温泉」という2つの観光資源を持つ鹿野の住民たちが考えた「町作り」は、鹿野らしい「町並み」を作ることだった。鹿野の地域おこしから学べることとは?

  • 岩国市観光協会の贅沢な「悩み」

    第2回 山口編観光客増の岩国のWebが地味な「理由」とは?

    岩国城に錦帯橋と観光資源に恵まれた山口県岩国市。この不況の時代にあって観光客の数もここ数年右肩上がりだ。それなのに、なぜか岩国市観光協会のWebサイトがあまり更新されていないのが気になった。

  • キノコ屋からイノベーション

    第1回 長崎編雲仙のキノコ工場で「日本の元気」を見つけた!

    「やる気、根気、アイデアでキノコ屋からイノベーション。YouTubeのような新しいことをどんどん取り入れたい」と話す、雲仙きのこ本舗の楠田社長。のどかな農村に佇むキノコ工場から“元気な地方”を発信するとする楠田社長に話を聞いた。

ファーストサーバ ニュースインデックス

みにちゅあーとショップ

“元気印”地域取材レポート