このページの本文へ

マイフェイバリットブルーレイ【BDマイスターサイト連動企画】第6回

ライブは音と臨場感がすごい! まだまだBD化して欲しいソフトが

アニメにも詳しい女優・結さんが勧める、BDで観たい作品10選

2012年04月19日 11時00分更新

文● 鈴木桂水(聞き手)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

結さんのマイフェイバリットブルーレイ

 多忙なスケジュールの合間を縫って映画やアニメを意欲的に鑑賞している結さん。その結さんがセレクトしたマイフェイバリットブルーレイ(一部DVD)をご紹介しよう。

10位「LAST EXILE」

 この作品の良さは世界観がしっかりしていることだと思います。服飾を含めたキャラデザイン、メカデザインが素晴らしいので、自然に作品の世界に入っていけるのがいいですね。それとオープニング、エンディングもいいんですよ。いま続編(「ラストエグザイル―銀翼のファム― 」)をやっていますが、作品を観る前に、LAST EXILEで死んだはずの私の好きなキャラ「ディーオ」が生きていると聞いてしまって……まるで10年前に死んだはずの息子が、風の噂で生きていると聞かされて母親のように取り乱しました(笑)

 それぐらいLAST EXILEには思い入れがあります。いまでは落ち着いて、その後の世界を楽しみにしていますが、いまのところ私の中で第一期がベストですね。まだこの作品を見たことがないなら、BDボックスでおさらいして、続編を観るといいと思います。

Image from Amazon.co.jp
ラストエグザイルBlu-ray-BOX [Blu-ray]

9位「川の底からこんにちは」

 私はフォルダー5のころから満島ひかりさん“推し”なので、「愛のむきだし」と甲乙付けがいたいほど好きな作品です。ストーリーは些細な不満を抱えつつも日常を暮らす満島さん演じる主人公のOLが、父親の死をきっかけに家業のシジミ加工工場を引き継ぐという話です。

 この作品に出てくる工場のオバチャンなど、一癖も二癖もある登場人物が、主人公を悩ませますが、みんな憎めなくて愛らしく描かれていて、すごく引き込まれます。シナリオも練られてあって、最初から最後まで飽きさせません。こういう映画に出会うと、邦画っていいなぁ、って感じますね。いまの社会って、よく「生きづらい」と言われますが、そう感じる人に観ていただきたい、元気が出る映画です。

Image from Amazon.co.jp
川の底からこんにちは [DVD]

8位「愛のむきだし」

 園子温(そのしおん)監督の作品は全て好きなので、一本を選ぶとなると「紀子の食卓」と迷いますが、やはり「愛のむきだし」にします。園監督は一般的にタブーとされるテーマを取り上げつつ、人間の本質に迫る作品が多いので心を掴まれます。テーマが重くても、編集のテンポがいいので、ぐいぐい引き込まれ、気がつくと見終わっています。

 そして心になにか残るんです。「愛のむきだし」も盗撮、新興宗教など、ちょっと引いてしまうテーマが盛り込まれていますが、園監督の手にかかると、その先にある人間の営みが見えてきていいんですよ。ほんと深いです。かねてからお仕事をご一緒したいと思っていたのですが、念願がかなって、2012年秋に公開が予定されている「希望の国」という作品に出させていただきました。私自身、いまから公開を楽しみにしています。

Image from Amazon.co.jp
愛のむきだし [DVD]

7位「魔法少女まどか☆マギカ」

 2000年代のアニメだと「とらドラ!」が一番好きですが、2010年代のアニメではいまのところ「魔法少女まどか☆マギカ」が一番ですね。 私は虚淵玄(うろぶちげん)さんの作品が好きです。とくに3話でサプライズが発生するなど、このアニメはカレの持ち味がよく出ている作品だと思います。

 じつは、この作品にのめり込んだのは、放送の終了頃でした。本放送時に、震災の影響で放送が中断されましたが、東京では4月に入って10、11、12話がまとめて放送されました。このタイミングで、この作品の最終回をちゃんと見届けられたということの意義は大きかったと思います。

 当時は震災の影響で私自身も落ち込んでいて、アニメを楽しむ余裕すらありませんでした。ただ、楽しみにしていた作品ということもあり、一挙放送を観ました。すると、とても希望にあふれる素晴らしい内容だったこともあり、放送終了が朝の5時頃だったのにもかかわらず Twitterをやっている人たちと盛り上がってしまって(笑)

 この作品を通じて、こんなにも喜びを共有できる人がいるんだと考えると、いまこの作品について語ってる全ての Twitter民をハグしたいぐらいうれしかったですね。そして、この作品を通じて勇気づけられました。そんなことがあったからか、印象に残っているのは10話ですね。ほむらちゃんの告白とオープニング曲の挿入、このシーンには鳥肌が立ちました。BDで全話を通して繰り返し観たい作品です。

Image from Amazon.co.jp
魔法少女まどか☆マギカ 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

6位「スクラップ・ヘブン」

 「フラガール」や「悪人」で注目された李相日(イ・サンイル)監督の作品です。李監督の作品では、この「スクラップ・ヘブン」一番好きですね。李さんはシリアスな話が多いのですが、このスクラップ・ヘブンでは非現実的な部分が多くて、まるでアニメのように楽しめます。

 出演されている俳優陣オダギリ ジョーさん、加瀬亮さん、柄本明さんなど豪華なのも見どころです。私は柄本さんが大好きなのですが、この作品の柄本さんが私の中では一番ですね。とくに加瀬さんをトイレで怒るシーンがいいです。この作品もBDで観てみたいと思っています。

Image from Amazon.co.jp
スクラップ・ヘブン [DVD]

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン