東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部ネットワーク推進室(旧 次世代通信推進課note)連動企画 第101回

デジタル講座~デジタル時代のまちづくり~を実施いたしました!

文●デジタルサービス推進部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

※新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

 新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省や首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

 東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部です。(旧 次世代通信推進課note)。デジタルサービス局は、デジタルの力を活用した行政を総合的に推進し、都政のQOSを飛躍的に向上させるため、新たに設置した組織です。その中で、ネットワーク推進課は、東京の成長戦略やICT利活用の更なる推進のため、2019年(平成31年)4月に新たに設置された組織です。その中で、次世代通信推進課は、TOKYO Data Highwayの構築を推進し、いつでも、誰でも、どこでも「つながる東京」の実現に向け、取り組んでいます。

 都民の皆様がどこにいてもサクサクつながる環境を構築するため、全国初となる5Gアンテナ基地局を搭載するスマートポールの試行設置や通信事業者が5Gアンテナ基地局を設置しやすいように、行政財産を開放するなど様々な取組みを展開しています。こうした日々の取組みを都民の皆様に情報発信していきます。

■前回の紹介記事はこちら
<創薬系オープンイノベーション支援>デジタルサービス局で創薬系スタートアップ支援!?東京の強みを活かしてオープンイノベーションを促進!

※過去の連載記事はこちら:東京都 デジタルサービス局 デジタルサービス推進部ネットワーク推進室(旧 次世代通信推進課note)連動企画

 皆さんこんにちは!スマートシティ推進担当です! 東京都では学生を対象とし、西新宿をフィールドとした「デジタル社会人材育成プログラム」を実施しています。プログラムを通じ、「デジタル社会人材」を育成することで、デジタル技術による社会課題解決を一層加速させていきます。

 2022年7月11日からプログラム受講の申込を開始し、125名の大学生、大学院生、高専生等の学生に申込みいただきました!

デジタル講座 Day1 デジタル時代のモノづくり

 現代社会におけるデジタルの広がりやトレンドを踏まえ、デジタルを活用したまちの課題解決につながるサービスや製品を開発するために必要なアジャイル開発の基礎を学習しました。また今後、ともにグループワークを行う仲間と、Miroを使ったチームビルディングを実施いたしました。

Day1 小林氏によるオンライン協議中の様子

デジタル講座 Day2 デジタル時代の課題発見・アイディア発想

 西新宿利用者のインタビューを題材に、課題の発見から解決策のアイディア発想・収束までの手法を学び、グループワークで理解を深めていただきました。また、Day2後の西新宿フィールドワークに向け、フィールド観察やインタビューの分析の方法を学習しました。

 さらに新宿副都心エリア環境改善委員会村上氏より、西新宿の抱える課題の概観や現在の取組内容についてお話いただきました。

西新宿フィールドワーク実施

 グループごとに西新宿への実際の訪問や、西新宿利用者インタビュー、デスクトップリサーチ等を通じてまちの課題を特定し、Day2で学習したことを用いて課題分析する、フィールドワークを実施しました。

デジタル講座 Day3 デジタル時代のアイディア具体化

 発見した課題をデジタルの力で解決するため、ユーザーニーズに合ったデジタル製品・サービスを効率よく製作するリーンスタートアップの手法を学びました。また、発想したアイディアを具体化してブラッシュアップするためのプロトタイプ製作方法についても学び、実際にプロトタイプ製作ツールにも触れました。

 デジタルを用いた社会課題解決の事例として、WAmazing株式会社加藤氏よりインバウンド観光業界における先進的なDXの取組をご紹介いただきました。

企画書作成

 グループごとに発見した西新宿のまちの課題について、デジタルの力を使って解決するサービス・プロダクトを考案してリーンキャンバスのフレームワークをもとに企画書を作成しました。

デジタル講座 Day4 デジタル時代の事業化

 本講座で取り組んだ西新宿のまちの課題を解決する企画をグループごとに発表いただき、他グループからの質疑応答やメンターからのフィードバックを実施しました。また、サービスや製品が世の中に受け入れられるためのステップや法規制との向き合い方について学習しました。

 データを用いた社会課題解決の事例として一般社団法人コード・フォー・ジャパンの関氏より、シビックテックプロジェクトの取組や官民連携事業のご経験などについてお話いただきました。

受講者の声

 「デジタルに興味があったり、サービス・プロダクト開発に興味があるのならば絶対に聞いた方が良い内容であると感じます。」

 「実際にデジタル社会における西新宿の社会問題の解決をグループで行うことで、事業化のプロセスとその思考法・手法が学べました。」

 「学年や学部の異なる学生が参加しているので、普段と違った視点や価値観で物事と向き合うことができました。」
(実施後インタビューより抜粋)

 参加した学生からは、上記のような声をいただきました。

ご登壇いただいた講師の方々

 講師の方々ご登壇いただきましてありがとうございました!!

 ご登壇いただいた講師陣はこちら(https://www.5gconsortium.metro.tokyo.lg.jp/digitalhrd/

今後の予定

 デジタル講座終了後は、講義で学んだことを実践する場としてアイディアコンテストやインターンを予定しております!!

◆この記事は、下記より転載しています
https://note.com/smart_tokyo