このページの本文へ

サンコー、小籠包のような加湿器「351 山来 小籠包加湿器」を発売

2022年11月28日 19時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンコーは11月25日、卓上に置いて使える小籠包のような加湿器「351 山来 小籠包加湿器」を発売した。

 土台のタンクに水を入れ、電源を入れると2段目(カバー)の4つの小籠包の上部の穴より蒸気が出て加湿ができる。また3段目となるフタにも隙間があるので、フタを閉じた状態でも使用(加湿)可能。

 さらにLEDを内蔵しており、好みの色に設定することもできる(LEDオフも可能)。タンク容量は最大200mlで、満水時噴霧時間がおよそ8時間となる。

 製品サイズは直径120×高さ95mmで重さがおよそ260g。価格は2980円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン