このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第1022回

共通の充電ポート義務付けを検討:

iPhoneのUSB-C強制、インドでも?

2022年11月28日 15時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 EUでiPhoneを狙い撃ちにした“USB Type-C”法案が成立し、2024年秋までに電子機器の充電ポートをUSB Type-Cに統一しなければいけなくなったことは記憶に新しいが、インドでも同様の法律が制定されるようだ。米メディアMacRumorsが11月16日に報じた。

 同紙が取り上げたインド政府のプレスリリースによると、業界関係者などを招いた会議でスマートフォンやラップトップなどの電気機器の充電ポートをUSB Type-Cに統一することに合意したという。

 仮に法律が制定した場合、アップルはインドでもいまのままのiPhoneを売ることができなくなる。

 iPhoneは2023年発売のiPhone 15から、全てのモデルでUSB-Cポートが採用されるとうわさされている。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中