このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Amazon ブラックフライデーで最大25%割引

60%サイズのミニキーボード「Apex Pro Mini Wireless」がビジネス用途でも活躍する理由とは

2022年11月25日 09時00分更新

文● 宮里圭介 編集●ジサトラハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

今ならAmazon ブラックフライデーで20%オフ、さらに5%、詳しくは記事下部をチェック!

アスキー読者向け、Amazon限定クーポンはこちら!
Amazon.co.jpにて本記事でご紹介した製品を購入時に以下のコードをクーポンコードを入力すると、通常の20%オフに加えてさらに5%オフ!

・クーポンコード:SSPROMNI
・割引率:5%
・期間:11月25日(金)~12月1日(木)23時59分
・対象製品:
Apex Pro Mini:https://www.amazon.co.jp/dp/B0B5X1PSVP
Apex Pro Mini Wireless:https://www.amazon.co.jp/dp/B0B5X5DB33

 キーボードの選び方は、人によってさまざまだ。普段あまりPCを使わないので入力できれば良いという人もいれば、静音性、サイズ、打鍵感と重視するポイントは多岐に渡る。

 最近では、eスポーツという言葉が浸透し、ゲーム用途に特化したいわゆるゲーミングキーボードとカテゴライズされた製品もあるが、実際にゲームをプレイしない人にとっては、一般的なキーボードとなにが違うのかわからない、という人もいるだろう。

 ゲーミングキーボードは、ゲームが快適にプレイできるための機能も多く、ゲームにはあまり使わないキーを省いた小型サイズの製品や、最近では無線接続できるものなど多彩だ。

 ゲームはあまりプレイしないので、自分には関係ないと思っている人もいるかもしれないが、実はそうした多機能なゲーミングキーボードをあえて普段使いやビジネス用途で好んで使う人もいる。そこで、今回はゲーミングキーボードをビジネス用途で使うメリットや魅力について紹介したい。

快適な入力に重要なキーの打ち心地が変わる!

 まずは、ゲーミングキーボードには、どういったメリットがあるのかを、もう少し深堀りしていきたい。ゲーミングキーボードで重視されるのは、いかに素早く、正確に入力ができるかという点だ。では、これを実現するための条件とはなんだろうか。

 まず考えられるのが、キーレイアウト。どんなに打ちやすく感じても、頻繁に手の移動が必要になれば疲れてしまうし、押し間違いの原因になってしまうからだ。また、手の移動にかかる時間は純粋なロスとなるため、反応が遅れてしまう理由にもなるだろう。

 次に重要なのが、キーの打ち心地。アクチュエーションポイント(キー入力として認識される深さ)が浅ければ軽く感じ、高速な打鍵が可能になるものの、少し触れただけで誤入力となってしまう危険が高くなる。

 逆に、アクチュエーションポイントが深いと、しっかり押し下げないと反応しないため、誤入力を大幅に減らせる。ただし、押下に必要な力が増加する。そのため、長時間の利用では指が疲れてしまうほか、押下不足による未入力が発生しやすくなる。

 このキーの打ち心地はさらに細かい要因があり、押下感を左右するストローク(キーが底に着くまでの深さ)、重さ、音、クリック感などがその代表だ。これは「いかに気持ちよく打てるか」という観点において重要で、感覚的な選び方をする際の参考となる。

 ゲーミングキーボードは、見た目のハデさやマクロなどの特殊機能ばかりが注目されがちだが、実はどの製品でも必ずこだわりがあるのは、これら素早く正確に入力するための基本部分となる。こうしてみると、ゲーミングキーボードが追及しているのは、打ちやすさだということがよくわかる。

 この打ちやすさが重要となるのは、なにもゲームに限らない。キー入力が必要なもの、とくに頻繁に入力する用途であれば、どんなものでも重要だ。そう、ビジネス用途でも同じなのだ。

 そこで提案したいのが、ゲーミングキーボードをビジネス用途として使うアイディアだ。とくに、テレワークが多い人や個人事業主の場合は自宅のPCを仕事に利用することが多く、自分のキーボードを使用する時間が長い。それならば、少しでも使いやすく、快適なキーボードを選びたい。

 そんなキーボードとしておすすめしたいのが、SteelSeriesの「Apex Pro Mini Wireless」だ。テンキーはもちろんのこと、カーソルキーやファンクションキーまで削ったミニサイズで、手の位置をほとんど変えることなく多くのキーにアクセス可能。

 さらに、打ち心地を大きく左右するアクチュエーションポイントを自由に設定できる「OmniPoint2.0」を搭載するなど、非常に魅力的な製品となっている。

「Apex Pro Mini Wireless」の主なスペック
キースイッチ 調整可能なOmniPointメカニカルスイッチ
スイッチ定格 1億回のキープレスを保証
オンボードメモリ 5つのカスタムプロファイル
プロセッサー 32ビットARM
調整可能な作動ポイント 0.2~3.8mm
接続 ケーブル(USB Type-C)/2.4 GHz/Bluetooth
バッテリー寿命 30時間(ワイヤレス)/40時間(Bluetoothとデフォルトの照明を使用)
高さ調整 3段階ラバーフィート
サイズ/重量 293(W)×103(D)×40.3(H)mm/543g
ソフトウェア対応OS SteelSeries Engine、Windows(8.1以降)およびMac OSX(10.13以降)用

※Mac OSでは一部のソフトウェア機能がサポートされていない

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中