前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

VAIO SX14で検証

実は「高負荷」なウェブ会議、Teamsが快適に動くPCスペックを検証

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

テレワーク時代のノートPCスペックを考える

 コロナ禍を経て、さまざまな企業でテレワークの導入が進んだ。ノートPCの活用がこれまで以上に重要になっているが、ノートパソコンに求められるスペック自体も少しずつ変化している点を意識しているだろうか?

 特に重要となるのが、Teamsなどのウェブ会議に関連した機能だ。マイクやスピーカーは昔からノートパソコンに搭載されていたが、あまり重視されてこなかった。しかし最近では、ウェブ会議に限らず、配信やゲームといった分野でも重要なスペックになりつつある。

ノートパソコンのマイクは、だいたいディスプレー上部についている。VAIO SX14の場合は赤い丸で囲まれた穴がマイクになっている

 また、ハードの高性能化だけでなく、ソフトの進化もポイントだ。AIを活用したノイズキャンセリング機能は快適にウェブ会議を進めていくに当たり、いまや必須の機能と言ってもいいかもしれない。

 加えて、ウェブ会議では音声の途切れが非常に問題となる。動画や音楽のストリーミング再生ではバッファリングすることで音声の途切れを軽減できるが、通話はリアルタイムの処理だ。高負荷で確実な処理を、長時間に渡って続けないといけない。余裕のあるCPU性能や十分な容量のメモリーといったリソースが必要なうえ、常時通信をするため電力消費も高くなる。バッテリー駆動時間や冷却性能といった要素にも注目しておきたい。

VAIO SX14のブライトシルバー。ほかにファインブラック、アーバンブロンズ、ファインホワイトがある

 こうした昨今のビジネス事情を踏まえつつ、今後ますます主流となっていくであろうハイブリッドワーク時代に求められるパソコンの性能の基準はどうなるのか? 「VAIO SX14」を使って検証した。

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

過去記事アーカイブ

2023年
01月
2022年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
03月
04月
05月
06月
10月
11月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2017年
01月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
03月
04月
05月
07月
08月
10月
11月
12月
2015年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
12月
2014年
07月
08月
09月
10月
11月
12月