前へ 1 2 3 次へ

勝手に極坐推進委員を名乗るつばさがGyokuza Denimを試す!

世界に誇る岡山デニム仕様のAKRacingゲーミングチェア&座椅子&オットマン爆誕、使えば使うほど味が出て唯一無二に!

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

岡山デニムを採用する「Footrest Denim」(左)「AKRacing Premium Denim」(中)「Gyokuza Denim」(右)

 ゲーミングチェアの素材といえば、何を思い浮かべるだろうか。メインとして採用されているのは、ファブリックとPUレザーだろう。ほかにも、ハイエンドモデルでは、例えばAKRacingの「Premium Monarca」はイタリアンレザーといったように、本革を採用しているモデルもある。

 そんななかAKRacingから、デニム生地を採用するモデルが登場した。AKRacing Premiumをベースとした「AKRacing Premium Denim」(以下、Premium Denim)、極坐がベースの「Gyokuza Denim」、オットマンの「Footrest Denim」をラインアップしている。

 価格は、Premium DenimとGyokuza Denimが7万9800円、Footrest Denimが1万9800円で、11月1日に販売開始予定。

親しみやすく高級感も感じるデニム生地
世界に誇る岡山デニム採用

デニム生地本来のインディゴブルーカラーがいい!

 本モデルは、ゲーミングチェアのなかで生地を採用する箇所にはすべてにデニム生地を採用。世界最高水準の品質で知られ、欧州のラグジュアリーなメゾンブランド各社によるアパレル製品への採用実績も豊富な岡山県産のデニムを採用しているのが最大の特徴となる。

 岡山県に所在する、世界的にも珍しいデニム生地の一貫生産体制を持つデニム専業メーカーと協業し、家具用途に適した生地を選び抜いているという。生地重量は、耐久性とあつかいやすさのバランスに優れた13ozを採用。家具用途という点に配慮し、タテ糸を色移りが発生しづらい反応染料で染めており、デニム生地本来のインディゴブルーカラーを長い間楽しめる。

全体的に丁寧さを感じる作りは、さすがだ

 実物を見てみると、デニム生地のインディゴブルーは、高級感もカジュアルさもあるのが魅力的に感じる。パソコンデスクはもちろん、リビングや書斎といったどんな場所にも違和感なく設置できるのではないだろうか。加えて、本体だけではなく、付属のヘッドレストやランバーサポートもデニム生地なため、かなり統一感のあるデザインだ。

付属のヘッドレストも岡山デニムを使用

ランバーサポートも同様

 また、今回は少しの期間試用しただけなのでまだわからないが、長く使い続けるとジーンズのように部分的に色落ちをして、より渋くなるのではないかとも予想できる。耐久性の高いAKRacingのゲーミングチェアだけに、長く使い込むことで味が出てくるというのは、結構楽しみになるのではないだろうか。

 なお、Premium Denimは同社の「Premium オフィスチェア」と同じ機能を備えている。最大180度のリクライニング機能を始め、高さ・前後・左右による調整が可能な「4Dアジャスタブルアームレスト」、座面と背もたれの角度を固定したまま最大12度の角度まで全体を傾けることができるロッキング機能などを搭載。

最大180度のリクライニング機能ももちろん搭載

リクライニング用のレバー

PU(ポリウレタン)を採用するキャスター。なお、製品版のキャスターはストッパーなしの仕様となっている

アームレストは高さ調節が可能

長時間のゲームプレイや仕事において、理想の位置にアームレストがあるのは結構大事だ

左右の調整も可能

前後も

 また、Premium オフィスチェアは座面チルト機能を搭載しているのも大きな特徴の1つ。これにより、座面と背もたれの角度を維持したまま座面が沈み込み、着座姿勢において臀部や太腿にかかる負荷を背中・腰に分散させることができる。

座面チルト機能を搭載

 なお、Premium オフィスチェアはPro-Xシリーズと比べるとやや小ぶりで、日本人向きのサイズのように感じる。自宅では現在Pro-Xシリーズを使っていて、私は体型がデカいのでちょっと余裕があるといった感じだが、Premium Denimはぴったりとしたフィット感がよく、背もたれを上げた状態だと姿勢よく、リクライニングした状態ならゆったりとできる、ちょうどいいサイズ感だと思う。細身の人は、私よりかは少し余裕ができるのではないだろうか。

ちょうどいいフィット感

ゆったりできる。ほしい……

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2020年
10月
2019年
06月
2017年
04月
06月
2015年
08月
12月