• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

最大3人のクロスプレイに対応

からくりを駆使して獣を狩る!『WILD HEARTS』のゲームプレイトレーラーが公開

2022年10月06日 15時40分更新

文● Zenon/ASCII

 Electronic Artsは10月6日、コーエーテクモゲームスのω-Forceが開発を手掛ける新作ハンティングアクションゲーム『WILD HEARTS』(ワイルドハーツ)のゲームプレイトレーラーを公開した。

 本ゲームプレイ映像では、狂乱する自然に立ち向かい、巨獣「ヤマウガチ」を仲間とともに狩る様子が描かれる。また、プレイヤーが世界を動き回り、獣に対抗すべく「からくり」の高度な技術を駆使している様子をじっくりと見ることができ、『WILD HEARTS』の柔軟で創造力あふれる狩場を披露している。

 また、『WILD HEARTS』の四季に分かれた4つの狩場の1つ、花に囲まれた春の「花霞の丘」も鑑賞できる。本映像で、美しいグラフィックを堪能してみてはいかがだろうか。

 あわせて、以下では本作のストーリー概要、およびゲームの特徴も紹介していこう。

 本作の対応プラットフォームは、PlayStation 5/Xbox Series X|S/PC(Origin、Steam、Epic Games Store)。発売日は2023年2月17日で、通常版の価格は9700円となる。

■ゲームプレイトレーラー

ストーリー

 『WILD HEARTS』の舞台は中世の日ノ本、あづまの国。かつては多くの人が暮らしていたが、自然との融合による独自の進化を遂げた獣たちがその勢力を広げ、今ではほとんどが獣の領域に呑み込まれようとしている世界となる。

 氷雪の狼「ラセツ」との壮絶な戦いの後、古代の技術「からくり」の繰り手となった主人公は、獣の脅威が迫る「あづまの国」にかつての暮らしを取り戻すため、狩りに身を投じることに。

特徴

自然の力を手に入れた巨大な”獣”を狩れ

 自然と融合して独自の進化を遂げた巨大な獣たち。植物を宿した兎や、巨大な猪「ヤマウガチ」、獰猛な狼「ラセツ」など、さまざまな獣に出会うことになる。これらの巨大な獣は自然の力を利用し、自らに適した環境へと周囲を変貌させ、その縄張りを守っている。

からくりで狩場を造り変えよ

 古の技術「からくり」を使用することで、自分なりのクリエイティブな狩場へと造り変えていける。必要な技能や素材を入手し、からくりを駆使して獣に立ち向かおう。新たな獣を狩ることができれば、新しいからくりを習得できるかもしれない。

仲間と手を携え、強力な獣に立ち向かえ

 最大3人でともに獣を狩るco-opクロスプレイに対応。複数人でさまざまな武器、からくりを用いて戦うことで戦略の幅が広がり、一人で倒すことが困難な敵にも立ち向かえる。狩場に点在する「異夢の門」からシームレスにほかのプレイヤーの狩りに加わることも可能だという。

狩りのために装備を整え、装備のために狩りをせよ

 狩りや探索で素材を集め、さまざまな種類のユニークな装備を作り、強靭な獣狩になることを目指そう。刀や傘など、多彩な武器によるアクション、多様な戦闘スタイルを楽しめる。獣を狩って手に入れた素材で新たな装備を作り、自分のプレイスタイルにあわせてカスタマイズしていこう。

幻想的な中世の日本に没入せよ

 舞台は中世の日ノ本、あづまの国――。そこでは、生活や信仰、戦いの象徴となるさまざまな建造物が、獣たちの自然浸食に呑み込まれてしまっている。

 滅んだ宿場町に花咲き乱れる「春霞の古道」、古代の遺跡が眠る「夏木立の島」、戦場跡と紅葉が織りなす「秋昏の峡谷」、真っ二つに切り裂かれた城「冬塞ぎの孤城」。美しくも牙をむく自然にあふれた世界を、AAAクラスのビジュアルで堪能しよう。

 

【ゲーム情報】

タイトル:WILD HEARTS(ワイルドハーツ)
ジャンル:ハンティングアクション
販売:Electronic Arts/コーエーテクモゲームス
開発:EA Originalsレーベル/ω-Force
プラットフォーム:PlayStation 5/Xbox Series X|S/PC(Origin、Steam、Epic Games Store)
発売日:2023年2月17日
価格:9700円(通常版)
CERO:審査予定

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう