前へ 1 2 3 次へ

エイチ・ツー・オー リテイリングの新オフィスにJAPANNEXT製品が導入された理由をインタビュー

JAPANNEXTの4K液晶を200台以上導入!?エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社が選ぶディスプレーの基準

文●宮崎真一 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エイチ・ツー・オー リテイリングに導入されたJAPANNEXTのディスプレー

 新機能をいち早く採用し、高品質ながらもリーズナブルな価格を実現したJAPANNEXTの液晶ディスプレーは、市場において人気が高い。今回、そのJAPANNEXTのディスプレーを企業として導入したエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングに話を伺う機会に恵まれた。

 エイチ・ツー・オー リテイリングは、傘下に阪急・阪神両百貨店や、関西スーパー・イズミヤ・阪急オアシスを擁する流通業大手。この度、H2Oと株式会社阪急阪神百貨店が本社を移転、これに伴って、JAPANNEXTの28型4Kディスプレー「JN-IPS28UHDRC65W」140台を筆頭に、計203台ものディスプレーを導入したという。では、なぜエイチ・ツー・オー リテイリングは、JAPANNEXTの製品を選んだのか、そのいきさつを同社の経営企画室 BPR推進部長 米田嘉之氏に伺ってみた。

エイチ・ツー・オー リテイリング 経営企画室 BPR推進部長 米田嘉之氏

フリーアドレススペースに
JAPANNEXT製USB Type-C給電タイプを設置

――今日はよろしくお願いします。まずは、ディスプレーを導入したいきさつについて教えてください。

米田氏:今回、弊社が新しいオフィスへ引っ越ししまして、それに合わせて新しい働き方として、フリーアドレススペースを多く設けることになりました。その場所にディスプレーを設置しようというのがことの始まりです。

――当初からJAPANNEXTの製品を導入することを考えていたのですか?

米田氏:いえ、当時は失礼ながらJAPANNEXTさんの名前は存じていませんでした。なので、最初は他社のディスプレーの記事を見ていて、良さそうな製品もいくつか見つけました。ただ、そこの製品は仕様的には問題なかったのですが、もう少しコストを抑えたかったので、ネットで他のディスプレーを調べていました。

――その流れで、JAPANNEXTのディスプレーが候補に挙がったというわけですね。

米田氏:ディスプレーについて調べる中で、USB Type-Cで映像入力とノートPCへの給電ができる機能がオフィス用途には向いているのではと思い探していたところ、JAPANNEXTさんのUSB Type-C給電対応モデルが見つかりました。その製品は28型のゲーミング向けモデルだったのですが、ゲーマーが満足できる映像なら十分だろうと思い、その製品のレビュー記事やいろいろな口コミなども参照してみたところ、評判も良かったので導入を決断しました。

フリーアドレススペースに並んだJAPANNEXTのディスプレー。さすがにこの数は圧巻の一言

――JAPANNEXTのディスプレーを採用するにあたり、周りの理解などハードルはありませんでしたか?

米田氏:上司は比較的、こういった分野にも明るい人なので、すぐに自分でJAPANNEXTさんについていろいろ調べたようで、そのうえで良いか悪いかの判断をもらいました。ですので、特にハードルになるようなことはなかったですね。

――USB Type-Cでの映像入力や充電を利用するには、ある程度新しめのPC環境が必要かと思いますが、社内ではそうした環境が整っていたのでしょうか?

米田氏:以前の社員のPC環境は、デスクトップPCとディスプレー、もしくはシンクライアント端末でした。ですが、昨今の情勢で社員にノートPCを配布するようになると、最近のノートPCはUSB Type-Cで映像入力や充電ができるものが一般的になっています。特に意識せず、社内で自然と環境が整っていた形です。

打ち合わせスペースに設置されたディスプレー。発色も良く、視認性は良好だ

――実際にJAPANNEXTのディスプレーを触ってみていかがでしたか?

米田氏:何台かサンプルを送ってもらって実際に使用してみたのですが、画面は総じてキレイですし、ディスプレーとしては非常に満足のいくものでした。ただ、私が使ってるノートPCがJAPANNEXTさんのUSB Type-C 65W給電モデルに接続してもうまく充電されませんでした。原因は、どうやらこのノートPCだと65Wでは給電が足りず、100W程度のものが必要なようです。それで、USB Type-C周りも一筋縄ではいかないものだということがわかりました。

――社内でもそういった問題は多かったのでしょうか?

米田氏:JAPANNEXTさんに、ディスプレーに最新ファームウェアを適用してもらい、そのあたりの問題はかなり解消しました。USB Type-Cでの接続に関しては、相性の悪いノートPCも一部あったものの、HDMIなどでも映像入力は可能なので、基本的な部分ではあまり問題ないと思っています。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
2021年
08月
09月
10月
2020年
06月
07月