このページの本文へ

プライム・ストラテジーの「KUSANAGI 9」がCMSプラットフォーム「Movable Type」に対応

2022年10月05日 13時30分更新

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 プライム・ストラテジーは10月5日、同社が開発・提供する超高速CMS実行マシン「KUSANAGI」が「Movable Type」に対応したと発表した。

 Movable Typeはシックス・アパート提供のCMSプラットフォーム。代表的な商用ライセンス・パッケージ型CMSのひとつで、多くの企業や組織で利用されている。プライム・ストラテジーでは、直近の複数のCMSを運用する顧客からの運用基盤の統一という課題を解決するにあたり、KUSANAGIのMovable Type対応は課題のひとつとしていたという。

 これまでもKUSANAGIでのMovable Typeの運用の実績はあったものの、その都度必要な環境を構築するという手順が必要だったため、今回、環境構築から初期設定、インストールまでを容易に行なうことができるようにした。 現時点では「Movable Type 7」の環境構築・プロビジョンに対応している。

 KUSANAGIのプロビジョン時にMovable Type用のオプションを選択することで、Movable Typeを利用するための環境がプロビジョニングできるほか、サーバーに設置したパッケージのファイル名を指定して設置まで行なえる。

Web Professionalトップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く