ソラコム、実際のビジネスでも使えるIoTシステムの開発体験「IoTデバイス実践ワークショップ」を開催

ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ソラコムは10月12日、デバイスを借りてIoTシステムの開発手順を体験できる「IoTデバイス実践ワークショップ」を開催する。

 本ワークショップでは、センサー内蔵デバイスの実機を実際に使ってIoTを学ぶ。今回は1台で位置情報(GPS)、温湿度、加速度が計測できる「GPS マルチユニット SORACOM Edition」を利用して、ソラコムのIoTスペシャリストのサポートの元、「温湿度のセンシングと可視化」を開発する。

 IoTの全体像の基礎知識と、デバイス・通信・クラウドの使い方を学習できるほか、この仕組みを応用し、倉庫やビニールハウス内の環境センシングや、HACCP対応等での食品輸送時の衛生管理など、実際のビジネスでもIoT活用をはじめるきっかけを得ることができる。

 本ワークショップの詳細はこちらから。

【実機を借りて体験できる!】IoTデバイス実践ワークショップ
開催日時:10月12日
第1回 10時~11時45分(9時30分受付開始)
第2回 14時~15時45分(13時30分受付開始)※同じ内容で2回実施
会場:三会堂ビル2F 会議室(東京都港区赤坂1-9-13)

■関連サイト

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月