• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

レベルアップで強くなる自機、同時プレイ対応、合体攻撃可能など、見どころが満載!

美しいスクロールで話題になったT&Eソフトの名作シューティング『レイドック(MSX2版)』が「プロジェクトEGG」で無料配信!

2022年10月04日 16時35分更新

文● ASCII

 D4エンタープライズは10月4日、同社が運営するレトロゲーム配信サービス「プロジェクトEGG」にて、1985年にT&Eソフトが発売したシューティングゲーム『レイドック(MSX2版)』の無料配信を開始した。本作を無料で遊ぶには、「プロジェクトEGG」の月額サービス登録(550円)が必要となる。

 連邦宇宙軍と航空宇宙技術局は、惑星ベイムーントの奪還作戦を指導させることを発表した。惑星ベイムーントがギルセン軍におとされて以来、惑星の奪還作戦は幾度となく繰り返されたが、いずれも失敗に終わっている。

 

 宇宙軍司令部はこれまでの作戦計画を見直し、航空宇宙技術局がこれまで独自に開発を進めていた新型二連動独立型戦闘機(ストーミーガンナー)の開発を援助、今回のベイムーント奪還作戦に使用を決定したものである。

 

 虎の子のこの二機はプロトタイプではあるが、かつてなかった程の新技術を取り入れた戦術用レーザー、ATMを装備している。これらの火器のレスポンスを上げるのは、一にも二にもふたりのパイロットの技量と経験である。

 

 しかし、予想以上に連邦宇宙軍の疲弊はひどく、満足な教育もパイロットになされないままこの作戦(オペレーション・レイドック)は始動されたのである。

 本作は1985年にリリースされたシューティングゲーム。プレイヤーはストーミーガンナーを駆って、全6ステージを舞台にギルセン軍と戦うことになる。

 自機はショットとシールドを装備しており、各ステージを攻略するごとに、戦果に応じて機体はレベルアップ。「Twin-Vulcan」「Laser Beam」「Air-To-Surface Missile」「Multi-Vulcan」などさまざまな武器を装備可能だ。

 なお武器のレベルは100まであるので何度も繰り返してプレイし、しっかり育てることでゲームを攻略できる。

 ゲームは最大2名までの同時プレイに対応。その際には合体攻撃が可能となっており、中には2Pがミサイルを誘導できるようなユニークなモノも登場する。合体攻撃は、本作の見どころのひとつといえるだろう。

 美しいスクロール、多彩な武器、2人同時プレイや合体攻撃などシューティングゲームファンのツボを抑えた本作。「パソコンでこんなシューティングゲームが遊べるなんて!」と多くのゲームファンが衝撃を受けた歴史的な作品といっても過言ではないタイトルだ。

※当時カセットテープで収録されておりましたタイトル画面については、本製品では未収録となりますことご理解の程よろしくお願いいたします。

EGGチャンネルにて紹介動画公開中!

特典:当時のマニュアルをPDF収録

【ゲーム情報】

タイトル:レイドック(MSX2版)
ジャンル:シューティングゲーム
メーカー:T&E SOFT
プラットフォーム:PC
発売日:配信中(2022年10月4日)
価格:無料
※プロジェクトEGG月額サービス登録(550円)が必要です。

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう