このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

DDR5メモリー移行のチャンスか! 試しに買った特価品のオーバークロック耐性が優秀すぎた

2022年10月01日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDが、新世代プラットフォームのSocket AM5でDDR5メモリーに対応した。ライバルのインテルは、最新チップセットのインテル700シリーズでもDDR4をサポートしているが、AMDは完全にDDR5メモリーへ移行している。

 そんななか、最近ショップで目につくのが、DDR5メモリーの特価品だ。速度は店頭に並んでいるなかでは、下位となるDDR5-4800(2400MHz駆動)になるが、16GB×2枚セットで1万4000円台とお買い得になっている。ただ、わずかとは言え、メモリークロックがパフォーマンスに影響するのは周知の事実。そのため、お買い得感はあるが、おすすめするかと聞かれると……になる。

 コスト重視といった割り切りが必要なDDR5-4800の特価品なのだが、筆者は9月8日の記事「【特価情報】Samsung純正のDDR5 16GB×2枚キットが1万4980円の大特価!」を読んで、物欲が反応した。

見てから出向くと間に合わないこともあるが、役立つASCII.jpの特価情報

 そろそろテスト用にDDR5メモリーを買おうか悩んでいたところだったのもあるが、強く反応したのは、“Samsung純正”の部分だ。そのうえ、販売されていたのは、ASUSがLGA1700プラットフォーム登場時に用意したセット販売向けの製品になる。

 筆者脳内思考は「初期に生産されたSamsungチップを搭載したDDR5メモリーの可能性大」→「OC耐性優秀なこともありうる」→「DDR5-5600やDDR5-6000駆動を行けるかも。チャレンジしてみるか!?」といった感じに。

 さらに搭載しているメモリーチップの型番を調べると、CORSAIRやG.Skill製のDDR5-5600、DDR5-6000駆動のオーバークロックメモリーが出てくる。これはありだ! と思ったのだが、秋葉原へ日帰りできる日光在住とは言え1日潰れる。そして目の前には原稿の締め切りが立ち塞がっていた。

 半分諦めつつ、ソフマップの通販サイトを確認すると、なんとありました! Samsung純正の記載こそないが、ASCII.jpの店頭ポップと同じ、ASUS「DDR5UDIMM32GBKIT」の型番で、価格も1万4980円と同じ。ネックとなる送料もキャンペーンで無料、さらにポイントサービス(150ポイント)もある。と言うわけで、さっそく注文した。

記事執筆時点(9月29日)でも、ソフマップの通販サイトで販売されていた。「DDR5UDIMM32GBKIT」で検索してみよう

ASCII.jp「サハロフ佐藤のアキバ定点観測」の元となる、「サハロフの秋葉原レポート」の9月24日調べでも、「ソフマップ AKIBA パソコン・デジタル館」(SF=ソフマップ、※=特価品)で特価販売中とある

想定通りの製品が到着!

 製品にはASUSの製品シールが貼られているが、メモリーモジュールはSamsung純正の「M323R2GA3BB0-CQK0L」で、メモリーチップはオーバークロック(OC)の期待ができる「K4RAH086VB BCQK」だった。これは勝ったかもと思いつつ、用意できたDDR5メモリー対応マザーボードに搭載して、そのOC耐性を試してみることにした。

DDR5-4800 16GB×2枚セットの「DDR5UDIMM32GBKIT」

基板裏面にはASUSの製品シールが貼られていた

メモリー表面。SAMSUNGロゴの入った製品シール。製品型番は「M323R2GA3BB0-CQK0L」だ

メモリーチップは、「K4RAH086VB BCQK」を8枚搭載していた

 テストに使うDDR5マザーボードは、LGA1700プラットフォームのASUS「ROG MAXIMUS Z690 HERO」と、タイミング良く、手元にあったSocket AM5プラットフォームのX670Eチップセット搭載マザーボードのASRock「X670E Steel Legend」だ。

 「ROG MAXIMUS Z690 HERO」は、OC向けのハイエンドマザーボードだが、メモリーOCの設定は駆動電圧の昇圧と、主要なメモリータイミングを設定するのみの、カジュアルOCだ。狙いはDDR5メモリーのラインアップで最も多いDDR5-5600で、DDR5-6000まで行けば大満足といった感じだ。

ハイエンドマザーボードのASUS「ROG MAXIMUS Z690 HERO」

AMD Ryzen 7000向けのAMD X670Eチップセットを搭載するASRock「X670E Steel Legend」

テスト環境
CPU インテル「Core i9-12900K」(16コア/24スレッド、最大5.2GHz)
AMD「Ryzen 9 7950X」(16コア/32スレッド、最大5.7GHz)
CPUクーラー CORSAIR「iCUE H150i RGB ELITE(CW-9060060-WW)」
(360mmラジエーター、120mmファン×3)
マザーボード ASUS「ROG MAXIMUS Z690 HERO」(インテルZ690、ATX)
ASRock「X670E Steel Legend」(AMD X670E、ATX)
メモリー Samsung「DDR5-4800 16GB M323R2GA3BB0-CQK」
(DDR5-4800 16GB×2)
ビデオカード Palit「GeForce RTX 3080 Ti GamingPro 12GB」
(GeForce RTX 3080 Ti、GDDR6X 12GB)
ASRock「Radeon RX 6950 XT OC Formula 16GB」
(Radeon RX 6900 XT、16GB GDDR6)
ストレージ Samsung「980 PRO MZ-V8P2T0B/IT」(PCIe4.0 NVMe 2TB)
電源ユニット SUPER FLOWER「LEADEX VI PLATINUM PRO 1000W SF-1000F14PE」(1000W、80PLUS PLATINUM)
OS Microsoft「Windows 11 PRO」

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中