あったか宮崎ひなた暮らし移住相談会 11月5日土曜日グランフロント大阪にて午前11時より開催!

文●九州LOVEWalker

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 九州で2番目に広い面積を持つ宮崎県。サーフィンの世界大会が開かれるほどの美しい海岸線や日本神話にも登場する神秘的な高千穂の山々が連なるなど、豊かな自然を有する県である。また「日本のひなた」と称されるように、日照時間や平均気温、快晴日数が全国トップレベルと、ちょっと気になる県なのだ。

 そんな心惹かれる宮崎県への移住を考えるきっかけとなるイベントが、大阪・東京・福岡で順次開催される。参加はもちろん無料(要事前申し込み)、来場者全員に宮崎県の特産品がプレゼントされるなど、お得に宮崎県を知ることのできるイベントとなっている。また保育士が常駐するキッズスペースも用意しているので、子どもを預けてじっくりと移住についての相談ができるのも魅力だ。

来場者全員にちりめんアヒージョ・マンゴー地サイダー・ゴボチといった宮崎県の特産品を全部まとめてプレゼント!

【個別相談ブース】気になるブースをチェック!14市町村と宮崎県の7つのブースがお出迎え
日時:11月5日11時~16時
場所:グランフロント大阪北館B2Fコングレコンベンションセンター ルーム1・2・3
   (大阪市北区大深町3-1)
【参加市町村】
県北:延岡市・日向市・門川町・諸塚村・美郷町
県央:宮崎市・西都市・国富町・高鍋町・川南町
県西:都城市・えびの市
県南:日南市・串間市

 宮崎県からも移住・仕事・看護・林業・農業・漁業・住まいに関しての7つのブースを設置し、仕事や住まいに関する情報の紹介や県としての取り組みなども丁寧に説明してくれる。

 合計21ブースのうち、3つ回遊すると宮崎県の銘菓「運つつみ(4個入)」ももらえるので、楽しみながら移住について考えることができる。

日南産のキンカンを餡に使用した一口もなかの「運つつみ」

【移住セミナー】移住の先輩からの体験談などを聞けるセミナーも!
時間:13時30分~15時
会場:移住相談会と同会場
定員:50名
テーマ:私たちが宮崎移住で叶えた、自分らしい「暮らし」と「働き方」
登壇者:杉本恭祐さん(日南市在住)、笹本晃代さん(川南町在住)

 今回のイベントでは宮崎県へ移住した先輩2名により、「私たちが宮崎移住で叶えた、自分らしい“暮らし”と“働き方”」をテーマにセミナーも開催する。(13時30分~15時、事前予約制)ゲストスピーカーの一人、笹川晃代さんは大阪から川南町へ昨年移住、趣味のサーフィンを楽しみながら、外国人向けの日本語教室や地元住民との交流イベントの企画を行うなど、忙しい毎日を送っている。またもう一人の、2019年に日南市へ移住された杉本恭佑さんは、移住当初は地域おこし協力隊として活動、現在は起業し、イベントの企画運営やWEBで宮崎県の情報を発信するなど、地域に根差した仕事に就いている。

笹川晃代さん(左)、杉本恭佑さん(右)による移住セミナーも開催

 この2人が移住のきっかけや移住してからの様々な出来事など、実際の移住者目線での体験談を話していただけるので、気になることを質問したり、自分ごととして考えるきっかけにもなるのでは。セミナー参加者には「チキン南蛮(2食入)」もプレゼントされるので、そちらもお楽しみに。

全国的にも有名な宮崎県のソウルフード、チキン南蛮

宮崎観光VRやパンフレットなども充実!

 今回のイベントではブースでの相談会やセミナー以外にも、宮崎県をもっと身近に感じてもらいたいと、サーフィンやグルメ、観光地へのドライブを疑似体験できるVRや観光展示コーナーも設置している。宮崎県の観光パンフレットなども充実しているので、移住はまだ・・・、という方には宮崎県を訪れるきっかけにしていただければ。

 なお、大阪での開催後、来年1月には東京で相談会が、2月には福岡でセミナーが開催されるので、東京・福岡にお住まいの方はそちらにもぜひご参加を!

●開催情報
日時:2022年11月5日11時~16時
   *セミナーは13時30分~15時(定員50名)
場所:グランフロント大阪北館B2F コングレコンベンションセンター ルーム1・2・3
   (大阪市北区大深町3-1)
申し込みURL:https://ascii.xross.jp/?key=31836d565e6217e0449d46167de3b997b87c722
申し込み締め切り:10月31日
問い合わせ:あったか宮崎移住相談会運営事務局(角川アスキー総合研究所内)
TEL:050-3784-6258
Mail:miyazaki_ijuevent@lab-kadokawa.com

(提供:宮崎県総合政策部中山間地地域政策課)