このページの本文へ

ツインプラネット、日本発のパブリックブロックチェーンAstar Networkと事業提携 プロジェクト第1弾として天野喜孝氏の「CANDY GIRL」を展開

2022年09月29日 13時40分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ツインプラネットは9月29日、日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkの開発をリードするStake Technologies Pte Ltdとコンテンツ事業において事業提携を行なうと発表した。
 
 ツインプラネットはIntellectual Property(知的財産権)を軸に、エンターテインメント分野において幅広い事業を展開するIPエージェンシー。世界最大級のクリエイタープラットフォーム「pixiv」と共同運営し、人気イラストレーターのアートカルチャーを展開している。

 Astar Networkは渡辺創太氏が立ち上げた日本発のパブリックブロックチェーン。異なるブロックチェーンをつなげ、web3の基幹インフラを目指すポルカドットのパラチェーンに世界で3番目に選ばれている。
 
 事業提携により、web3市場におけるクリエイター・エコノミーを確立させ、日本コンテンツをグローバルに展開するという。

 事業提携の第1弾として、世界的アーティストの天野喜孝氏が発信するファインアート「CANDY GIRL」のweb3・エンターテイメントを構築。CANDY GIRLをただNFTアート化するだけでなく、アート・ミュージック・ストーリー・ファッション・フード・デジタルを複合的に掛け合わせた、グローバル・エンターテイメントを展開し、web3の分散型ネットワークを用いて世界へ日本コンテンツを発信するとしている。

CANDY GIRLは天野喜孝が近年取り組んでいる108体の天使をテーマに描いたファインアート作品。現代的かつカラフル&ポップなデザインは「東京ガールズコレクション2017」でもキービジュアルとして起用されている

CANDY GIRL

天野 喜孝氏

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン