このページの本文へ

USBハブとスタンド機能が合体した便利なドッキングステーションが登場

2022年09月29日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スリーアールから、USBハブとスタンド機能がひとつになった便利なドッキングステーション「INOVA ハブスター」(型番:3R-HUB01)が発売された。価格は5980円。パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で販売中だ。

便利なドッキングステーション「INOVA ハブスター」(型番:3R-HUB01)。出張先などでも重宝する

 素材にアルミ合金とステンレスを採用することで、しっかりとした作りのノートPCスタンド。スタンドは角度3段階で、対応サイズは12型~16型、耐荷重は10kgとなっている。

スタンドだけ、ハブだけと使い分けも可能。専用データケーブル、収納袋が付属する

 またPCとUSB Type-Cのみの接続で豊富なインターフェースが利用できるのも特徴のひとつ。利用できるのは、以下の通り。microSDカードスロット(2TB HC/XC対応)、SDカードスロット(2TB HC/XC対応)、3.5mmオーディオジャック、USB 3.0ハブ×3、HDMI出力(3840×2160ドット/60HZ対応、ディスプレーポートAlternate Mode対応)、USB Type-C PD(出力)、USB Type-C PD(入力)、USB Type-C(PC接続用)。スタンドとハブは取り外しが可能で、利用シーンにあわせて選択できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン