このページの本文へ

LINE NFT、NFT無料配布機能を提供へ。NFTマーケティング支援を強化

2022年09月28日 21時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINE Xenesisは9月28日、NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」において、NFT無料配布機能(エアドロップ)を10月より提供開始することを発表した。

 エアドロップ(Airdrop)とは、NFTを無料で配布する機能を指し、NFTをユーザーにプレゼントするという意味から「Giveaway(ギブアウェイ)」とも呼ばれているという。海外のNFT市場では、NFT潜在層ユーザーへのアプローチや新規ユーザーの呼び込みを目的に、NFTマーケティングに多く利用されている。

 これまで、企業やコンテンツホルダーがLINE Blockchain基盤のNFT無料配布機能を開発するには、LINEのブロックチェーンサービス開発プラットフォーム「LINE Blockchain Developers」を活用する必要があったが、本機能の導入により、企業やコンテンツホルダーは、開発工程を踏まず簡単にユーザーへNFTを配布することが可能になる。

 ユーザーは、エアドロップNFT受取用のQRコードを読み取った後、LINEから始められるLINE NFTのアカウントから受け取れる。受け取ったNFTは、デジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet 」において保管・管理が可能。

 本機能では、ライブやコンサートなどのイベント来場者へのNFT配布やSNSを用いた各種キャンペーンなどでのNFT配布など、企業やコンテンツホルダーとユーザーとの接点を創出するマーケティングツールとして活用できるという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ