このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

eSportsからリアルレースへ! SUPER GT マッハ号、冨林勇佑選手密着レポ 第6回

様々な不運・トラブルに遭遇するも、粘り強く決勝完走! 次戦オートポリスにつなげる

2022年09月28日 18時00分更新

文● 吉田知弘 写真●加藤智充 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2022年のSUPER GT 第6戦が9月17~18日に行なわれ、冨林勇佑/平木玲次が駆る5号車「マッハ車検AIRバスター MC86 マッハ号」は、GT300クラス21位となった。

 今大会の舞台は、東北・宮城県にあるスポーツランドSUGO。コースの起伏が多く、速度域の高いコーナーが特徴で、5号車が使用するMC86にとっては、得意としているコースのひとつだ。

マッハ車検AIRバスター MC86 マッハ号

 しかし、第3戦鈴鹿で2位表彰台を獲得した5号車は、45kgのサクセスウェイトを背負っており、決して楽な戦いはできない状況。それでも、第4戦富士、第5戦鈴鹿と歯車が噛み合わなかったレースが続いていたこともあり、この東北の地で上位入賞を目指した。

予選は奮わず、まさかの車検不合格

 だが、土曜日の公式練習では思うようにタイムを伸ばせず。GT300クラス全27台中、25位という結果に終わった。さらに公式練習の終盤からFCYテストでは、小さなトラブルが発生。なかなか調子の良いところを発揮できないとあって、冨林、平木ともに元気がない様子だったが、コロナ禍で制限が続いていたイベント関係もシーズン中盤に入って復活し、ピットビューイングではソーシャルディスタンスをとった形で多くのファンと触れ合い、少なからずパワーをもらっている様子だった。

 そんな中で迎えた公式予選。Q1は今回も冨林が担当した。GT300クラスは全体を2組に分けて予選Q1を行なう。その組み分けは前戦までのランキング順で決められるのだが、5号車が今回入ることになったA組には、ランキング首位の56号車日産GT-Rをはじめ、昨年王者の61号車スバルBRZ、52号車トヨタGRスープラGTに65号車メルセデスAMG GT3など、このクラスで強豪と言われるチーム・マシンが揃っていた。

 「今回のA組はかなり激戦区なんですよね……」と冨林も大会前は不安そうな表情を見せていたが、逆にプレッシャーを感じることなく伸び伸びとやれると決意を固めてマシンに乗り込み、ピットを後にした。

 しっかりとタイヤを温めて計測3周目でアタックを開始。軽快に各コーナーを攻めていったが、SPコーナーで外にはみ出してしまいコースオフを喫してしまう。一瞬、絶体絶命かと思われたが気を取り直して次の周に照準を定めた。

 残り時間を考えると、この1周がラストチャンスとなったが、自己ベストタイムを更新して最終コーナーを駆け上がり、フィニッシュラインを通過。1分19秒111をマークした。しかし、Q2進出ラインとなる8番手には、わずか0.1秒届かずQ1敗退となった。

 「逆に、あの(コースオフした)ラップで行き過ぎてしまったからこそ、次の周は置きに行かずに思い切った走りはしようと思っていました。Q2には通れなかったのは残念ですし、申し訳ないんですけど、他のJAF-GT車両のヨコハマタイヤ勢よりはタイムは早かったですし、総合で18番手からなら、まだチャンスはあると思っています」と冨林は、前向きな表情を見せていた。

 しかし、日が暮れようとした頃、まさかの通知が届く。5号車の再車検不合格の通知だ。

 マザーシャシーは、規定(2022GTAブルテンNo.48-T)により燃料タンクの容量が110リットル以下と定められている。だが、Q1終了後に再車検を受けた結果、タンク容量が規定より1リットル多かったため、予選タイムがすべて抹消されることとなったのだ。これにより、5号車は18番手スタートだったはずが一転して、最後列からのスタートを強いられた。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ