このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

佐々木喜洋のポータブルオーディオトレンド 第152回

Roonがバージョン2.0に、外出先から使える「Roon ARC」を追加

2022年09月27日 13時00分更新

文● 佐々木喜洋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 海外ではもはやデファクトスタンダードと言っても過言ではない音楽再生ソフトウェア「Roon」に待望のバージョン2.0が登場した。

 最近ではRoonの更新ペースが遅くなっている。現状では2021年初めに発表されたバージョン1.8が最新で、バージョン2.0は1年半ぶりの更新だ。開発者に言わせると、中身の更新には時間がかかり、バージョン1.8ではGUIの刷新とともにAI機能である「Valence」(ヴェイランス)も進化のポイントであった。

 CEOのEnno Vandermeer氏は「バージョン2.0はこれまでで最も大きな変化であり、Roonの使い方をこれからずっと変えていくものだ」と語っている。

外出先から自宅のRoon環境に接続

 バージョン2.0における最大のポイントは「Roon ARC」という新しいアプリの導入だ。

 Roon ARCは従来の「Remote」のようなアプリだが、いままでのRemoteアプリは自宅内でRoonライブラリに接続していたのに対して、Roon ARCは外出先からも使用できるという違いがある。リモートアクセスは、クラウド経由で可能となるようだ。家でRoon Core(PCなど)を稼働中でネットワークにつながっている必要はあるが、外出先のスマホからRoonが使えるようになったわけだ。

 ハードディスクなどに保存した音源だけではなく、Roonの中核であるRoon Coreが接続している「TIDAL」や「Qobuz」などのストリーミングサービスにも接続できる。もちろんスマホであれば、直接ストリーミングのアプリを利用できる。しかし、Roon ARCを使えば、Roonの強力な検索機能の利用や一括管理も可能となる。また、Roon ARCアプリはオフライン再生(ダウンロード再生)にも対応している。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン