このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

格安データ通信SIMを買って格安に使い倒す! 第213回

今、高コスパでデュアルSIMを使う組み合わせをeSIMも含めて考えた

2022年09月25日 12時00分更新

文● 正田拓也 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最近、通信障害のニュースを耳にする機会が増え、その回避のためにもデュアルSIMに注目が集まっている。障害対策以外にもさまざまな活用が可能なデュアルSIMだが、特にコストパフォーマンスに優れる組み合わせを考えた。

デュアルSIMは、2つの電話番号で待ち受けするだけでなく、障害対策や料金の節約などでも役に立つ

サブ回線として、povo2.0はやはり基本となりそう

 今年7月にKDDIの大規模障害があったものの、それでもpovo2.0には基本料0円という大きな魅力があり、サブ回線の筆頭候補であることに間違いはない。オススメは、今ある回線に加えてpovo2.0を追加することだ。

6ヵ月に1回、数百円の有料トッピングの購入で回線を維持できるpovo2.0は、サブ回線として適した存在だ

 povo2.0は有料トッピングを購入しない期間が180日を超えると強制解約の恐れこそあるものの、実際に通知が来た段階でなんらか購入すればよく、放っておいたら回線が使えなくなっていたということにはなりにくい。中でも「データ使い放題(24時間)」のトッピングは出張時のテザリング用回線などとしてかなり便利なため、たまに使っていれば180日の制限はさほど気にならないはずだ。

 また、大規模障害があったKDDIは心配と考える人もいるかと思うが、あれだけの障害の後でもあり、細かい障害があったとしても、大きな失敗を繰り返すことはないと考えたい。それにサブ回線としてならば、仮に障害があったとしても影響は少ないはずだ。

 ただ、メイン回線がauネットワーク系のサービスだと、サブ回線もpovo2.0ではリスク分散にならない。povo2.0以外のサブ回線を探すか、思い切ってメインをauネットワーク系以外にする方法もある。本末転倒と思うかもしれないが、キャリアを乗り換えればスマートフォンの大幅値引きや、高額のポイント還元などが期待できるので悪くない選択だ。

通話発信や通信量が多い人は
楽天モバイルをメイン番号にする手もあり

 次にコスパや利便性を向上させる組み合わせだ。まず考えたいのは、楽天モバイルをメインにする方法。楽天モバイルはエリアの狭さが弱点だが、通話にRakuten Linkアプリを使うIP電話に近いシステムの楽天モバイルの場合、なんらかの形でスマートフォンがインターネットに接続されていれば(ただしAndroidの場合。iPhoneでは着信には楽天モバイルのエリア内の必要がある)、楽天モバイルの電波が圏外であっても電話が利用可能だ。

アプリの利用が必要とはいえ、国内通話がかけ放題の楽天モバイルは通話をよくする人にはやはりメリットがある

 楽天モバイルが圏外のときだけ、サブ回線でデータ通信をするようにしておけば、国内通話は使い放題、楽天モバイルのエリアではデータ通信も使い放題で最大で月3278円となる。サブはドコモ/au/ソフトバンクのなかから自分の行動範囲で電波状態が良好なものを選べばよく、通信量もサブ回線を使う頻度によって選べばよい。

 eSIM対応機を使っているなら、IIJmioのデータ通信専用のeSIMプランなら月2GBが月440円だ。また、楽天モバイルが圏外になることがほとんどない、という人なら保険的な意味でサブにpovo2.0を選び、サブ回線の費用を抑えることもできる。

 逆にサブ回線の通信量を多くしたいなら、前述のIIJmioのeSIMプランは20GBで月1650円。速度は遅くても、たくさん使いたいなら、平日昼休みに速度制限があり、それ以外の時間帯は最大1.5Mbpsで使い放題で月990円のmineo「マイそく スタンダード」もある。これらの組み合わせなら、合計で月2000~3000円程度で国内通話はかけ放題で、エリアや通信量に不満のないデータ通信の両方を手に入れることが可能だ。

本連載でも何度か取り上げているmineo「マイそく」。昼休みの時間帯の速度制限はあるが、それ以外の時間帯は原則使い放題。デュアルSIMでこそ、より活用できるサービスと言える

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン