• Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード
注目の特集

アクセスランキング

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー特別編集 週アス2022December

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

MITテクノロジーレビュー

カルバード共和国で語られるヴァンの第二の物語

2つの“黎”の衝突から生まれる新たな軌跡『英雄伝説 黎の軌跡II』がついに発売!

2022年09月30日 11時00分更新

文● ASCII

本記事は「週刊アスキー秋葉原版10月号」からの転載です。


英雄伝説 黎の軌跡II -CRIMSON SiN-(クリムゾン・シン)
ジャンル:ストーリーRPG
メーカー:日本ファルコム
プラットフォーム:PlayStation 5/PlayStation 4
発売日:発売中(2022年9月29日)
価格
 パッケージ通常版:8580円
 ダウンロード通常版:8250円
 Limited Edition/デジタルデラックス:1万1000円
 パッケージ数量限定Limited Edition:1万4080円
 シーズンパス:3850円
CERO:C(15才以上対象)

《裏解決屋(スプリガン)》の物語第二幕が始まる

 日本ファルコムのストーリーRPGシリーズ最新作『黎の軌跡II』がいよいよ発売! 前作から引き続き裏解決屋のヴァンを主人公に、カルバード共和国で起こる新たな事件を描く。ここでは本作の主要人物やキーとなる人々、さらにゲームの注目ポイントを紹介する。

ヴァンをめぐって少々複雑な三角関係の3人。本作ではより深い人間関係が描かれることになる

主人公ヴァンと仲間たち

ヴァン・アークライド/Van Arkride
CV:小野大輔さん

裏解決屋としてグレーな依頼をこなす《アークライド解決事務所》を営む青年。前作での事件をきっかけに、黎き異形の姿《魔装鬼グレンデル》に変身する能力を手に入れる

アニエス・クローデル/Agnès Claudel
CV:伊藤美来さん

アラミス高等学校に通う16歳の少女。曾祖父のC・エプスタイン博士の遺産《オクト=ゲネシス》捜索のため、《アークライド解決事務所》の助手としてバイトをしている

エレイン・オークレール/Elaine Auclair
CV:斎藤千和さん

《剣の乙女》の渾名で知られる凄腕の遊撃士。ヴァンとは学生時代に恋人として青春を過ごした。7年振りに再会しギクシャクしていたが、今は関係が改善されつつある

Story 紅黎きグレンデルの出現が新たな災いを呼ぶ

 ある日、“紅黎い”異形の存在にCID(中央情報省)の隊員が惨殺される猟奇的な事件が発生。とある人物の来訪で異形の姿を知ったヴァンは、自身も調査に乗り出すことに。

チャプター形式で物語は展開

本作ではストーリー中、AとBなど複数のチャプターから選択して物語を進める方式を採用。異なる登場人物の視点から物語を楽しめる

ヴァンの協力者たち

レン・ブライト/Renne Bright
CV:悠木碧さん

アニエスの先輩で生徒会長を務める少女。リベール王国に家族がいる

ナーディア・レイン/Nadia Rayne
CV:石見舞菜香さん

《庭園》に所属していた元暗殺者。現在はスウィンと第二の人生を送る

スウィン・アーベル/Swin Abel
CV:梶原岳人さん

《庭園》から脱走した元暗殺者。特殊な剣を使う達人で、性格は常識的

シズナ・レム・ミスルギ/Shizuna Rem Misurugi
CV:内田真礼さん

《白銀の剣聖》の異名を持つ達人。性格は天衣無縫で捉えどころがない

リオン・バルタザール/Rion Balthazar
CV:斉藤壮馬さん

七耀教会《守護騎士》第十一位の青年。戦闘では冷酷非情な一面も

セリス・オルテシア/Celis Ortesia
CV:ファイルーズあいさん

七耀教会《守護騎士》第四位の女性。かなり喧嘩っ早い気質の持ち主

Battle さらに進化した戦闘システム

 フィールドバトルとコマンドバトルをシームレスに切り替えるシステムを踏襲。フィールドでアーツ(魔法)攻撃ができるといったように、戦略的な要素が追加されている。

フィールドでアーツが使える!

物理攻撃が効きにくい敵でも、アーツ攻撃を出せばコマンドバトルへ移ることなく苦労せずに倒せる!

System ミニゲームなどやり込み要素も満載

 仮想空間上で自由にパーティを編成して探索する「メルヒェンガルテン」やシリーズ恒例の「釣り」など、やり込み要素の豊富さも魅力。攻略に役立つ報酬も得られる。

独自のパーティも編成可能

「メルヒェンガルテン」は本編進行中でも自由に行き来でき、別行動中の人物も編成可能。成長不足のキャラを育成する用途にも使える

《裏解決屋》の前に立ちはだかる謎の強敵たち

影喰(かげはみ)のヨルダ/Jolda
CV:古賀葵さん

イクスと双子の少女。ダウナー気味な性格で、余計なことは避けたがる。“影”で出来た巨大な手を呼び出す異能を操り、並の猟兵を圧倒する戦闘力を持つ

洸弾のイクス/Ixs
CV:堀江瞬さん

ヨルダと双子の少年。軽薄な口調で狂気を垣間見せる。魔弾の軌道を変化させる異能の持ち主で、トリッキーな戦闘が得意。ハーウッドという人物の意向で暗躍するが……

緋のアルテラ/Altera
CV:???

なぜか自由意志を持ち、人間を見下すような態度を取る妖精型のホロウ(支援用AI)。コートの人物が持つ《ゲネシス》と共鳴し、紅黎い《魔装鬼》へと変貌させる

グレンデル=ゾルガ/Grendel-Zolga

黒いコートと帽子で全身を隠した謎の人物が、緋のアルテラを通じて変貌した姿。CID惨殺事件の犯人と目されているが、その目的や意図は一切不明となっている

【限定版】Limited Edition

 本作のサウンドトラックやスペシャル卓上カレンダー、カルバード共和国全図を描いた大型マイクロファイバークロスなどの豪華グッズを専用三方背ケースに同梱した限定版も発売。DLC「空の軌跡」シリーズBGMセットも同梱される。さらに初回特典として「ヴァン専用みっしぃスーツ+ホロウコア Voice【要監視対象R・A】」も付属。価格は1万1000円となる。

 週刊アスキー秋葉原版10月号では、より詳しく本作のことを紹介している。10月号は10月27日まで秋葉原の量販店・パーツショップなどの協力店舗で配布しているので、立ち寄る機会のある人はぜひ手に取ってほしい。

 また、Kindleで読めるAmazon.co.jp限定版も無料で配信中。秋葉原に行けない人やお店で見つけられなかった人は、こちらもチェックしよう。

(提供:日本ファルコム)

この記事をシェアしよう

ASCII.jpの最新情報を購読しよう