前へ 1 2 3 次へ

現役MMORPGプレイヤーが太鼓判!

レノボのゲーミングノートPC<Legion 570i>なら最新版『FF14』を最高設定でストレスなく快適に遊べるぞ

文●相川いずみ/編集● 村野晃一(ASCII編集部)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

提供(PR):レノボ・ジャパン

 ゲームの快適に楽しめるかは、ゲームの内容はもちろんのこと、いかにストレスなくプレイできるかという要素も大きい。つまり、ゲームを遊ぶためのPCの選び方が非常に重要だ。

 今回は、レノボのゲーミングPCブランド<Legion>から、15.6型のハイパフォーマンス・ゲーミングノートPC<Legion 570i>での実機レビューをご紹介しよう。

デスクトップに負けない性能を誇るゲーミングノートPC

 常々思っていたのだが、こうしたゲーミングPCのテストでは、国産MMORPG由来のベンチマークが使われることが多い割に、実際に言及されるのはFPSやTPSといったシューター系ゲーム評のほうが圧倒的に多い。現在のPCゲームシーンを牽引しているのが、こうしたeスポーツ系タイトルであるのは間違いないのだが、ベンチマークに起用されるMMORPG目線のデバイス評がもっとあってもいいのではないかと思うのだ。

 そんなわけで今回は、長年MMORPGをプレイし続け、今も現役プレイヤーとして遊んでいる筆者目線で<Legion 570i>でのMMORPGのプレイ感などもお伝えしていこうと思う。MMORPG大好きゲーマーのみんな! 参考にして!

 <Legion 570i>は「ノートブックPCでも本格的なゲーム体験を」というコンセプトのもとにリリースされた15.6型のゲーミングノートPC。製品仕様は予算や目的に応じてカスタマイズ可能で、CPUは、第12世代 インテル® Core™ i5-12500H プロセッサーかインテル® Core™ i7-12700Hのいずれかを選択でき、GPUは、GeForce RTX 3050、RTX 3050 Ti、RTX 3060、RTX 3070のいずれかから選択可能。また、メインメモリは8GBから最大32GBまで搭載可能で、ストレージは最大SSD 1TB (PCIe NVMe/M.2)搭載となっている。また、液晶ディスプレイも、解像度やリフレッシュレートが異なる4種類からの選択となっている。

 今回評価に用いたテスト機の構成は、CPUに第12世代インテル® Core™ i7-12700H、メモリは32GB、GPUにGeForce RTX 3060(6GB)を搭載したモデルとなっている。ディスプレイは、WQHD(2560×1440ドット)のIPS液晶で、リフレッシュレートは165Hzと高く、ゲームに最適。重量は2.4kg。サイズ的には、ゲーミングPCとしては薄型でベゼルも狭いため、非常にコンパクトな印象を受ける。

 ゲーミングノートPCにおける設計面でチェックしておきたいのが、ゲームの操作性に関わるキーボード、排熱機構、マウス等をつなぐためのポート位置などだ。

 まず、キーボードについて。キーボード面はバックライトも装備したテンキー付きフルキーボードに、かなり広めのトラックパッドを備える。キータッチやキーの形・大きさは個人の好みにもよるが、筆者の場合は打ちやすくスムーズにタイプできた。

バックライトで光るキーボード。テンキーがついている点も高評価

 入出力ポートについては、両側面と背面の計3面に分かれて備わっており、種類も数もノートPCとは思えないほど豊富だ。有線マウスやゲームコントローラだけでなく、外付けのストレージを接続したり、スマホを充電したりといったこともすべて本体だけでまかなえる点も非常に良い。

左側面には、Thunderbol™4×1基、DisplayPort出力機能付きのUSB3.2 Gen2 Type-C ×1基を装備

右側面には、USB3.2 Gen1、マイクロフォン/ヘッドフォンジャックのほか、カメラ機能をオン/オフできるプライバシーシャッタースイッチを備える

背面には、左からイーサネットコネクター、USB3.2 Gen2 Type-C(DisplayPort出力機能、USB PD対応)、HDMI、USB3.2 Gen1×2、電源コネクターが揃う

 次に外から確認できる排熱機構について。<Legion 570i>薄型のファンが採用されており、背面と両側面の排気口から排熱されるように設計されている。側面は、インターフェイス類の後方下に、背面はインターフェイス類を挟む形で両側に排気口が設けられている。

電源アダプターは大型だが、薄く取り回しがしやすい。長時間使っていると高熱になるので、置き方や場所は工夫したい

前へ 1 2 3 次へ