前へ 1 2 3 次へ

<LAVIE N13><LAVIE N14>で徹底比較!

画面サイズはどう選ぶ? 13型と14型で迷っている人のためのモバイルノートPC購入ガイド

山口優/編集●村野晃一(ASCII)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モバイルでもメインでも使いやすいと人気の液晶ディスプレイサイズが13~14型のノートPC。ここ最近のベゼルレス化によって14型でも従来の13型に近いサイズの製品が増え、どちらの画面サイズを選ぶべきか頭を悩ませている人も多いのではないだろうか?

 そこで、ここでは用途や目的に合わせた豊富なラインアップが用意されているNECパーソナルコンピュータの<LAVIE>シリーズのなかから、売れ筋の<LAVIE N13>と<LAVIE N14>をピックアップ。それぞれの特徴を比べながら、13型と14型の上手な選び方を紹介していく。

 なお、正確には<LAVIE N13>は13.3型のワイド液晶、<LAVIE N14>は14.0型のワイド液晶搭載機だが、ここでは便宜上、13型、14型として比較していく。

【POINT1】
持ち運びの頻度や利用シーンに合わせて選ぶ

 ノートPCのなかでも人気があるのが、13~14型液晶ディスプレイを搭載した製品だ。画面サイズが程よく大きくて見やすいのと、本体質量がほとんどの場合2kg以内に収まっており、モバイルから据え置きまで多様なシーンに対応できるのがその理由。昨今のディスプレイのベゼルレス化によって小型軽量化が進み、持ち運びやすさが大きくアップしたのも人気に拍車をかけている。

 13型の多くは13.3インチのディスプレイを採用しているが、これは対角線の長さが13.3インチ(約34cm)ということ。アスペクト比が16:9の場合なら、ディスプレイのサイズは横幅が約29cm、縦幅が約16cmとなる。一方、14型は対角線の長さが14.0インチ(約36cm)で、横幅は約31cm、縦幅が約17cmとなり、13型よりひと回りほど大きい。

 ノートPCの本体サイズは、これらにベゼルなどをプラスした数値なのでもう少し大きくなるが、いずれもビジネスで用いられることの多いA4サイズ(29.7×21cm)に近く、紙の書類などと一緒に持ち歩くにもちょうどいいサイズ感になっている。バッグへの収まりもいいので、モバイル用途で人気が高いのも頷ける話だ。

 NEC PCの13型モデル<LAVIE N13>の場合、本体サイズは幅307×奥行き216×高さ17.9mmで質量は約1.02kgとなっている。一方、14型の<LAVIE N14>は幅327×奥行き225.7×高さ19.2mmで質量は約1.46kgだ(いずれもモデルや構成などによって若干異なる)。

 実際に両機種をバッグに入れて持ち運んでみると、ノートPC以外の荷物が少なく短時間の持ち運びなら、思ったほど違いを感じない。しかし、紙の書類が多かったり、長時間バッグを持ち続ける場合は約440gの差が多少負担になってくる。普段は据え置きで使い、持ち出すのは週数回だったり、自宅と会社の往復時のみ持ち運ぶなら14型の<LAVIE N14>を、頻繁に持ち運んだり、外回りの仕事などで1日中持ち歩くような場合は、より小型軽量な13型の<LAVIE N13>の方が向いていると言えそうだ。

13型モバイルノートPC<LAVIE N13>

14型モバイルノートPC<LAVIE N14>

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
03月
05月
11月
2018年
01月
02月
2017年
01月
02月
07月
08月
10月
2016年
01月
09月
10月
11月
12月
2015年
05月
07月
08月
09月
10月
12月