このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

メイン回線でもサブ回線でもどっちでも便利&オトク!

新iPhoneとの組み合わせも◎ 基本料0円のpovo2.0はここが強い&便利!

2022年09月17日 11時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

基本料0円(※1)のpovo2.0はメイン回線でもサブ回線でもオトクで便利とアスキースマホ総研のメンバーは話す。その理由を今回紹介していこう

 スーパーに買い物に行っても、デジタルガジェットを購入しようと価格を調べても、物価上昇を実感する機会が多い近頃。それでも新型iPhoneが登場すると、どうしても欲しくなる……そこでせめて通信費だけでも見直すことで支出のバランスを取ろうとする人は多いはず。

 そんな行動を今のタイミングでするのは高確率で正解!各社がオトクな料金プランをさまざまに展開しており、自分にあったものをうまく選ぶことで、料金を節約できるだけでなく、さらに便利に使えるようになる可能性は高い。

 そんなスマホの料金プランの中でも、ユーザーの使い方に柔軟に対応できて、また最新のiPhoneにも適した新発想のサービスとして、アスキースマホ総研がオススメしたいのが「povo2.0」だ。

基本料0円(※1)povo2.0はオトク度大な新発想の料金プラン
必要なものだけ「トッピング」して利用できる!

 povo2.0の最大の特徴は月々の基本料が0円(※1)で、データ通信や通話定額などを、必要な分だけトッピングして利用できる点だろう。

povo2.0でまず話題になるのが、やはりこの「基本料0円(※1)」という部分。自分にあったトッピングを選んで使うことができる

 まず「データトッピング」として用意されているのは、「1GB(390円/回、7日間有効)」「3GB(990円/回、30日間有効)」「20GB(2700円/回、30日間有効)」「60GB(6490円/回、90日間有効)」「150GB(1万2980円/回、180日間有効)」「データ使い放題(24時間、330円/回)」(※2)の6つ。

「データトッピング」はこの6種類が用意されている

 テレワークのためにWi-Fi環境がある自宅にいる時間がほとんどで、1ヵ月で1GBか2GBくらいしか使わないという人なら「3GB」のトッピングで十分だろうし、動画はそれなりに見るという人が「20GB」のトッピングを購入したとしても、1ヵ月の支払いは3000円を下回る。

 また、povo2.0で人気なのが、「データ使い放題(24時間)」(※2)のトッピング。これは購入から24時間(現在は購入翌日の23時59分59秒まで利用可能)、データ通信が使い放題(※2)になるというもの。たとえば、急な出張などで、ノートPC用の通信回線が必要になり、しかもビデオ会議をしないといけない状況ではテザリングで使えば頼りになるし、「今週末はスマホで映画を見まくるぞ!」というときだけ追加するのもありだ。

6種のデータトッピングのうち、1つだけは24時間の使い放題(※2)が可能というもの。テザリング経由でノートPCをインターネットに接続するなど、急にたくさん通信量を使う場合に最適だ

 音声通話を使う機会が多い方なら、「通話トッピング」(※3)を追加するといい。1回5分以内の国内通話が対象の「5分以内通話かけ放題(550円/月)」と「通話かけ放題(1650円/月)」の2つが用意されており、これらを追加すれば、通常は30秒あたり22円かかる通話料が定額になる。

「通話トッピング」(※3)は大手キャリアのサービスと同様に「1回5分以内かけ放題」と「かけ放題」の2種。特に前者は550円/月と安価だ

 このようにpovo2.0は単に料金が安いというだけでなく、“トッピングの追加”という形でユーザーの状況に合わせた使い方が可能になっているのが大きな魅力と言える。

「#ギガ活」ではコンビニや飲食店の支払いで“ギガ”が貰える
生活の中で楽しみながら、通信料の節約まで可能

 単に安いというだけではないpovo2.0の魅力として紹介しておきたい、もう1つの要素が「#ギガ活」だ。前述したように、povo2.0は通信量(いわゆる“ギガ”)が必要なときに、トッピングを購入して追加できるが、この「トッピング購入」とは別に、日常のさまざまな場面でギガを入手できる。

日常のさまざまな場面で“ギガ”が貰える「#ギガ活」。また、povoのTwitterアカウント(@povo_official)をフォローしておくと、イベントなど、ギガが貰える各種の機会を漏らさずチェックできる

 具体的にはあらかじめ「povo2.0」のサイトでエントリーしたうえで、対象となる店舗で「au PAY」による支払いをすると、「3日間有効の300MB」といったギガがユーザーにコードの形で送られてきて、好きなタイミングで追加できる。

 この「#ギガ活」は、ローソンやデイリーヤマザキなどのコンビニ、牛丼店、コーヒー店、ドラッグストアなどの日常生活でなじみ深いチェーン(一部店舗対象外)が多数対象になっており、しかも「500円以上の購入」といったようにギガ入手のハードルは低め。

 単純にオトクというだけでなく、あそこに行けばギガが貰えるからと、生活の中で買い物や食事を楽しみながら、通信料の節約までできてしまう点が、「#ギガ活」の人気の理由だろう。

※当記事記載の金額はすべて税込です
※1:通話料等別途要 180日超の継続利用に一定条件有 0円0GB時128kbps
※2:ネットワークの混雑時など通信速度を制限する場合があります
※3:一部かけ放題対象外の通話があります

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン