このページの本文へ

「Define 7 Mini Black Solid」、「Define 7 Mini Black TG Light Tint」、「Meshify 2 Mini Black TG dark tint」、「Meshify 2 Mini White TG clear tint」

Fractal Designの人気ケースがMicro ATX対応のコンパクトデザインになって新登場

2022年08月13日 13時00分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Fractal Designから、Micro ATX対応のコンパクトなPCケース「Define 7 Mini」シリーズと「Meshify 2 Mini」シリーズが発売された。ラインナップは全部で4種類。価格は2万680円で、パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

Micro ATX対応のコンパクトなPCケース「Define 7 Mini」シリーズと「Meshify 2 Mini」シリーズ

 登場したのは、「Define 7 Mini」シリーズが左サイドにソリッドパネルを採用する「Define 7 Mini Black Solid」と、強化ガラスを採用する「Define 7 Mini Black TG Light Tint」。フロントに角型メッシュパネルを採用する「Meshify 2 Mini」シリーズがブラックの「Meshify 2 Mini Black TG dark tint」と、ホワイトの「Meshify 2 Mini White TG clear tint」の計4製品。

シンプルで洗練されたフロントパネルで人気の「Define 7 Mini」シリーズ

サイドパネルはスクリューレスで簡単に取り外しできるほか、各所に高密度の防音素材を装備。耐久性と低騒音を実現した「Dynamic X2」シリーズファンを2基搭載している

 どちらもMicro ATX対応のコンパクトデザインで、ベイ数は2.5/3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×4(標準では2ベイ分)。冷却ファンはフロントに120mm×3または140mm×2(Dynamic X2 GP-14×1標準装備)、トップに120/140mm×2、リア120mm×1(Dynamic X2 GP-12×1標準装備)、ボトム120mm×1(HDDケージと排他)。拡張スロットは4段で、ビデオカードは331mm、CPUクーラーは高さ高167mm、電源ユニットは奥行165mmまで搭載できる。

エアフローを重視した角形メッシュのフロントデザインが特徴の「Meshify 2 Mini」シリーズ

331mmの拡張カード搭載スペースを確保しておりハイエンドVGAが搭載可能。120~280mmまでの水冷ラジエーターを取り付けできる

 I/Oポートは最新のUSB 3.1 Gen2 Type-C×1を含むUSB3.0×2、USB2.0×2、オーディオ端子。本体サイズは「Define 7 Mini」シリーズが205(W)×399(D)×406(H)mm、「Meshify 2 Mini」シリーズが205(W)×396(D)×406(H)mmとなっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中