このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

メタバース会場も登場!『初音ミク「マジカルミライ」10th Anniversary in MIKU LAND』レポ

2022年08月13日 11時00分更新

文● ジサトラハッチ 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バーチャルキャストとGugenkaは、2022年8月12日(金)~14日(日)および9月2日(金) ~4日(日)にバーチャル・シンガー「初音ミク」公式のVRワールド『初音ミク「マジカルミライ」10th Anniversary in MIKU LAND』をメタバースコミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」内で開催する。

 MIKU LANDとは不定期でオープンしている「初音ミク」のVRアミューズメントパーク。本イベントでは3DCGライブ&企画展『初音ミク「マジカルミライ」10th Anniversary』をイメージした新ワールド『初音ミク「マジカルミライ」10th Anniversary メタバース会場』がオープンしている。

 メタバース会場には、PC用のVRヘッドヘッドマウントディスプレー(HMD)にてSteamの「VirtualCast(バーチャルキャスト)」を使うか、Meta Quest 2にて直接「VirtualCast」を使って入室することで、VRにて楽しめる。VRHMDを所持していない場合は、PCやスマホのブラウザーを使って、NTTが提供するソーシャルVR「DOOR」の会場に入ることで体験できる(ただし、VirtualCast会場より機能と体験できるエリアに制限がある)。

各ハードでの入室方法の詳細は、公式サイトにて公開されている

 バーチャルキャストで入室すると、まずはマジカルミライ 10thの広場に出る。中央には、巨大な初音ミクがお出迎え。ここでは、バーチャルキャスト内で使用できるアイテムVCI(Virtual Cast Interactive)の購入などが行なえるほか、ここから各エリアに移動できる。

広場の入り口には、メディアスポンサーや協賛メーカーのロゴが掲示されていた

ASCII.jpもメディアスポンサーをしている

VCIのストアもある

ELSAは同社が取り扱っているVRHMDのVCIを無料で提供していた

広場の中央には、巨大な初音ミクさんが

2階にはラビット・ユキネが

 広場からは「フォトコンテスト会場」や「ミクアートギャラリー」に移動できる。「マジカルミライ10th メタバース会場」には、有料エリア入場パスがある人のみ入室できる。

「マジカルミライ10th メタバース会場」のステージでは、「千本桜演舞」や「Yellow Letter Show」、「マジカルミライ 10th Anniversary in MIKULANDショー」が実施される。気になる人は、有料エリア入場パスを購入して、自分の目で確認して欲しい

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ