このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信 第176回

購入しやすい価格を実現し、入門機として最適

カナル型なのに快適な装着感! 価格も魅力の完全ワイヤレスイヤホン「HUAWEI FreeBuds SE」レビュー

2022年08月19日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎回ファーウェイの注目製品を詳しく紹介している「ファーウェイ通信」。今回レビューするのは、完全ワイヤレスイヤホンの「HUAWEI FreeBuds」シリーズに新たに加わったエントリーモデル。カナル型でありながら、違和感が少ない快適な装着感を実現し、長時間バッテリーや購入しやすい価格など、完全ワイヤレスイヤホン初心者にも適した製品の「HUAWEI FreeBuds SE」を詳しく見ていく。

エントリークラスの完全ワイヤレスイヤホン、ファーウェイ「HUAWEI FreeBuds SE」。カナル型なのに閉塞感が少なく、快適に装着できる「セミオープン構造」が最大の特徴

「HUAWEI FreeBuds」シリーズに購入しやすい価格の製品が登場
カナル型でも長時間快適に使える「セミオープン構造」

 完全ワイヤレスイヤホンやポータブルスピーカーなど、ファーウェイはオーディオ製品に近年注力しており、実際に製品の評価も高い。完全ワイヤレスイヤホンの「HUAWEI FreeBuds」シリーズは、ハイエンドモデル「HUAWEI FreeBuds Pro 2」が現在話題だが、今回紹介する「HUAWEI FreeBuds SE」は、市場想定価格が4980円ということからもわかるように、同シリーズにおけるエントリーモデルの位置づけだ。

 エントリーモデルと言っても、製品に明確な特徴を持っている。HUAWEI FreeBuds SEはいわゆるカナル型デザインを採用。カナル型は音漏れが少なく遮音性に優れるというのがメリットだが、長時間使用していると密閉感もあって、利用スタイルや用途によってはやや違和感を感じる人、苦手と思う人も少なからずいる。

外観的には一般的なカナル型のイヤホンだ

 そこでHUAWEI FreeBuds SEに採用されたのが、ファーウェイが「セミオープン構造」と呼ぶ形状だ。カナル型でありながら、耳の通気性も考慮することで、外耳道への圧迫を軽減。テレワーク時代では、オンライン会議やBGM用に長時間着けっぱなしというケースも多いが、そういう状況でも疲労が少なく、快適な装着感を得られるように工夫したというわけだ。

イヤーチップは3つの大きさが付属しており、自分に合ったものを選べる

 デザインについては、シンプルで老若男女にフィットする仕上がり。本体は片耳約5.1gと軽量なのも特長だ。充電ケースもコンパクトなサイズ感で、重量も約36gと軽い。カラバリは今回試用したホワイトと、アマゾン川流域で採れる天然石アマゾナイトにインスパイアされたというアマゾナイトブルーの2色が用意されている。

こちらはアマゾン川流域で採取できる天然水晶をイメージしたという「アマゾナイトブルー」というカラバリ

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
ファーウェイ・オンラインストア 楽天市場店