このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Core i9-12900HとRTX 3070 Tiを採用、DDR 5メモリーやPCIe 4.0 SSDと最新パーツ目白押し

編集時にわかる16:10の便利さ! クリエイター向け「DAIV」の最新16型ノートPCは薄型軽量ボディーにデスクトップ級の性能を搭載

2022年08月10日 11時00分更新

文● 周防克弥 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「DAIV 6H (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]」

 マウスコンピューターの「DAIV」シリーズに、新しく16型ディスプレーを採用した「DAIV 6」シリーズが登場した。ノートパソコンのメインストリームといえば15.6型だが、ほぼ同じサイズの筐体に、ひと回り大きな16型ディスプレーを採用することで、携帯性を損なわずにより高い作業環境を持ち運べるようになっているのが特徴だ。

 DAIV 6シリーズには、CPUとGPUの組み合わせで複数のモデルが用意されており、すべてのモデルでインテルの第12世代のCore Hを採用。一番お手頃なモデルでもCore i7-12700Hを、ハイエンドモデルはCore i9-12900Hを搭載している。

 ベーシックモデルはCPU内蔵グラフィックスだが、そのほかのモデルはディスクリートGPUにNVIDIAのRTX30シリーズとなっている。BTOではメモリーを最大で64GB、ストレージはM.2スロットが2つあり、最大で4TBまで搭載可能だ。予算や目的にあわせて、自分に最適な組み合わせのモデルを作ることができる。

 今回は、DAIV 6シリーズのハイエンドモデル「DAIV 6H (プレミアムモデル) [ Windows 11 ]」を試用する機会を与えてもらえたので、レポートしていこう。

試用機の主なスペック
CPU インテル Core i9-12900H プロセッサー(最大5GHz)、14コア(Pコア:6、Eコア:8)/20スレッド
GPU GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU
メモリー 64GB(DDR5-4800)
ストレージ 2TB SSD(NVMe Gen4x4)
ディスプレー 16型(2560×1600ドット)、ノングレア、Dolby Vision対応
内蔵ドライブ
通信規格 無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.0×2、USB 3.1 Type-C(USB PD、画面出力対応)、Thunderbolt 4(USB PD、画面出力対応)、HDMI出力、ヘッドフォン・ヘッドセット出力、SDカードリーダー(UHS-I対応)
内蔵カメラ 約200万画素Webカメラ(Windows Hello対応)
サイズ/重量 およそ幅353.7×奥行245.3×高さ18.5mm/約1.65kg
OS Windows 11 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ