このページの本文へ

速度がアップした「SanDisk Extreme PRO」の新シリーズに1TBモデルが追加!

2022年07月07日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 UHS-Iに対応するSanDiskのmicroSDカード「SanDisk Extreme PRO」シリーズの1TBモデルがテクノハウス東映に入荷している。価格は2万6200円だ。

microSDカードの上位シリーズ「SanDisk Extreme PRO」の1TBモデル。シリーズ最大容量が店頭ラインナップに加わった

 SanDiskの上位シリーズにあたるExtreme PROの新バージョンで、従来モデルから性能が向上している。1TBモデルの転送速度はシーケンシャル読込最大200MB/秒、同書込最大140MB/秒。6月末に256GBと512GBモデルが入荷していたところ、新たに最大容量の1TBモデルが加わった格好だ。

 そのほか、UHSスピードクラス3、4K録画に対応するビデオスピードクラスV30、アプリ動作のための最低ランダム性能を保証するA2をサポートしている。

最大200MB/秒転送に性能が向上。低容量モデルはやや書込性能が低いが、容量別に5モデルからチョイスできる

 また、1TBモデルと同時に低容量の64GBと128GBモデルも入荷した。こちらは転送速度がシーケンシャル読込最大200MB/秒、同書込最大90MB/秒。価格は64GBが2160円、128GBが3350円となっている。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン