このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新車を買った情報2022 第102回

ロードスター対応保冷保温ミニボトル私的ベスト4選

2022年07月02日 12時00分更新

文● 四本淑三 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミニボトルを買いまくった情報2022、私は四本淑三です。今回の話題の中心と致しますのは、前々回に続き、ロードスターのセンターコンソールボックスにハマる保冷保温機能を持つミニボトルであります。

 何を入れようとしても半端でダメな空間だったコンソールボックスに、120mlサイズがぴったり収まることを発見。自宅で淹れたレギュラーコーヒー1杯分にジャストな容量で、信号待ちコーヒータイムもバッチリ充実。ありがとうございます。

 ただ使っているうちにキャップが滑りやすい、液ダレがする、口当たりが悪いなど、使い勝手でイマイチなところも出てくる。理想を言えば「不当に固さを感じさせない」「コクっと決まる」「熱いナイフでバターを切るような」、クルマ好きの心の奥底に棲むエンスーの神・コバヤシショウタロウも納得してくれるであろうキャップの感触が望ましい。なぜならこれはスポーツカーのシフトレバーやハンドブレーキのそばに置くものだから。

 そんな「快哉」の叫びをあげたくなる至高のボトルを求めて買ったうち、今のところベストと言える推しボトル4本をご紹介してまいりましょう。

絶対すべらない「ポケトル 120 HANG」

 ミニボトルブームの火付け役、デザインワークスエンシェントの新バージョン「HANG」。購入価格は2090円。ちょっとお高いですが、キャップと一体化したカラビナ風フックがポイント。こんな他にツブシの効かない樹脂成型パーツを起こしたら、そら高くもなりましょう。

 容量は120mlと150mlの2種類。このうち120mlは底からフック頂点までの長さが156mm。角度をうまく合わせて置くと、センターコンソールボックスにピッタリハマります。

 なにより良いのは、フックをつまんで回せば大トルクがかけられること。絶対に滑らないのでキャップの開閉操作は確実です。コンソールボックスから取り出す際にも、このフックに人差し指をかければ楽に引き上げられる。言うことありません。

 このフック、ちゃんと機能もしますので、シェラカップの代わりにバックパックに提げてもサマになるでしょう。マット仕上げのサンドベージュやオリーブのようなカラバリもアウトドア感も演出しております。

 でもロードスターにアウトドアはちょっと違うんじゃないの? そういう方には次をどうぞ。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ