このページの本文へ

片耳16ドライバー! 驚異の多ドライバーイヤホン「16/COSMOS」が約17万円

2022年07月01日 10時00分更新

文● 鈴鹿 廻 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 片耳16ドライバーという、超多ドライバー構成を特徴とするハイエンドイヤホン「16/COSMOS」がCHIKYU-SEKAIブランドから登場。e☆イヤホン秋葉原店本館にて16万9200円で販売が始まっている。

まさにギッシリ詰まっている印象の「16/COSMOS」。なんと片耳だけで16基のBAドライバーを搭載している

 多ドライバー構成は精密な表現が可能な一方で制御の難しさがネックだが、なんと片耳に16ドライバーを搭載した耳掛け式のカナル型イヤホンが発売。独自開発の大型BAドライバーを含む16基のBAドライバーを搭載、歪みや音場、楽器の表現力にアドバンテージを発揮する。

 低域に優れた応答性能をもつオープン型BAドライバー4基、中高域には中高音の全体的な密度を高めた独自カスタマイズBAドライバー「CHIKYU-SEKAI MH-4M」を8基、高域~超高域に優れた低歪み特性や高域倍音を備える独自カスタマイズBAドライバー「CHIKYU-SEKAIHS-3D」を4基搭載する構成。「一般的なイヤホンよりも音場が広く、奥行きをとらえやすい」(ショップ)という。

音色はやや硬めながら、抜きん出たディティール表現、まっすぐな低域の鳴り方、奥行きの捉えやすさなどが特徴という

 主な仕様は、再生周波数帯域15~22000Hz、感度106dB、インピーダンス17Ωなど。筐体は医療レベルの樹脂、ケーブルには特別に開発されたハンドメイドの銅銀合金ケーブルを採用。ケーブルコネクターは一般的な2pinで、入力プラグは金メッキ処理を施した3.5mmプラグを備える。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン