このページの本文へ

FCC、グーグルとアップルにTikTokをアプリストアから削除することを求める

2022年06月30日 20時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 FCC(米連邦通信委員会)の委員であるブレンダン・カー氏は、FCCからの要請として、「TikTok」をアプリストアから削除することをアップルとグーグルに求めたとTwitter上で公表した。

 Twitter上にアップされた要請文では、TikTokが多数の米国人によって利用され、機密性の高い情報が収集されている一方、TikTokを提供するバイトダンス社は中国をベースにしており、中国からこれらのデータに繰り返しアクセスされているという、米BuzzFeed Newsが報道した記事(https://www.buzzfeednews.com/article/emilybakerwhite/tiktok-tapes-us-user-data-china-bytedance-access)を取り上げている。また、ブレンダン・カー氏のツイートではTikTokはただの動画アプリではなく、「sheep's clothing」(羊の皮を被った狼)と表現している。

 なお、TikTokは米国のユーザーのデータを米国とシンガポールの自社のデータセンターに保存しており、適切な保護をしていること、Oracleのクラウドサーバーに完全移行を予定していることを公表。米国のユーザーのデータに関するいかなる疑念も取り除けることを目指していると主張している(https://newsroom.tiktok.com/en-us/delivering-on-our-us-data-governance)。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン