このページの本文へ

Nothing phoneは700番台スナドラで価格と性能のバランスを取ったミドルハイ機か?

2022年06月29日 22時15分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 7月13日0時(日本時間)に、同社初のスマートフォン「Nothing phone (1)」の発表を予告しているNothing。先着100名で限定予約販売の権利が得られるTシャツの国内販売もすぐに終了(「ウワサのNothing phone、限定先行販売に参加できるイベント開催」)と期待が膨らんでいる。

 そのCEOであるカール・ペイ氏は、Twitter上で新たなヒントとも取れるツイートを投稿している。

 最近のAndroidスマートフォンでは、クアルコムからのチップ供給やその価格が端末販売に与える影響が大きくなっていると見られているが、「Snapdragon 778G+」を採用することで、価格と性能のバランスを取ろうとしているということだろうか。いずれにしてもお楽しみは7月13日ということになりそうだ。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン