このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

このスマホ、ホントに買い? 話題のスマホ徹底レビュー 第358回

日本のユーザー待望のFeliCa&防水に対応! 「moto g52j 5G」のリアルな使用感をチェック

2022年06月28日 12時00分更新

文● 村元正剛(ゴーズ) 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モトローラ・モビリティが6月3日に発売した「moto g52j 5G」を使ってみました。日本向けに開発されたモデルで、「j」は「Japan」の意味。具体的には、モトローラ製品として初めておサイフケータイとIP68相当の防水・防塵の両方に対応しています。カラバリはインクブラックとパールホワイトの2色で、モトローラ公式オンラインストア「MOTO STORE」での価格は3万9800円です。

カラバリはインクブラックとパールホワイトの2色

6.8型の大画面ディスプレーは120Hz駆動に対応

 ディスプレーはIPS方式の液晶で、画面サイズは約6.8型。縦横比は20:9で、解像度は2460×1080ドット。有機ELと比べると若干明るさに欠けますが、日常使いには支障のなく、小さな文字まで鮮明に表示されます。

約6.8型の液晶ディスプレーを搭載。明るくナチュラルな色で表示できる

 リフレッシュレートが最大120Hzであることも利点。動きの速い映像や素早くスクロールした際の残像感が減り、滑らかな画質を得られ、体感的な使用感もグンと向上します。初期設定は「自動」になっていますが、電池の減りが気にならないのであれば、120Hzに切り替えて使ったほうがいいかもしれません。

3万円台のスマホながら、120Hzの高リフレッシュレートに対応

 右側面にGoogleアシスタントを起動するボタン、音量ボタン、電源ボタンを搭載。なお、電源ボタンには指紋センサーが搭載されています。

上からGoogleアシスタントボタン、音量ボタン、電源ボタン。電源ボタンには指紋センサーを搭載。なお、フロントカメラによる顔認証にも対応している

 左側面にはnanoSIMとmicroSDを装着できるスロットを搭載。nanoSIMは1枚しか挿せませんが、eSIMに対応し、nanoSIM+eSIMをDSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)で使えるようになっています。

nanoSIMとmicroSD(最大1TB)を装着可能

eSIMを追加できることも利点

 底部には3.5mmのイヤホンジャックとUSB Type-Cポート、スピーカーを搭載。ただし、イヤホンやUSBケーブル、充電器は同梱されていないので、自身で用意する必要があります。

イヤホンジャックがあるが、イヤホンは付属していない。スピーカーはモノラルだ

 背面パネルは光沢仕上げで、ツルツルとした手触り。メディア向けに開催された説明会で確認したところ、素材はガラスではなく、プラスチックとのことでした。ただし、パッと見はさほどチープには見えません。

背面パネルは樹脂製だが、美しい光沢仕上げ

パフォーマンスは普段使いには支障がないレベル

 プロセッサーには、ミッドレンジ向けのSnapdragon 695 5G(最大2.2GHz)を採用しています。メモリーは6GBで、ストレージは128GBという構成。先述したように、microSDでストレージを拡張できるので、アプリをたくさん入れたい人や、写真や動画をたくさん撮る人も安心です。

「Geekbnech 5」というアプリでベンチマークを測定した結果

 プリインされている基本アプリの操作で不便を感じることはなく、データ処理に時間がかかりがちな「カメラ」アプリもスムーズに使えました。ただし、ハイエンドモデルのような“ヌルサク”感ではなく、ほどよく軽快に使える“サクサク”とした感じ。グラフィックに凝ったゲームを楽しみたい人や、マルチタスクで使うことが多い人は、処理速度に物足りなさを感じるかもしれません。

 バッテリー容量は、5Gスマホの中では多めの5000mAh。実際に使ってみても、1日で電池がなくなることはなく、使い方によって2日以上持つように感じました。充電は15Wなので、そこそこ時間はかかります。充電時の電池への負荷を減らして、電池寿命を延ばす機能も備えています。

充電パターンを学習して充電を最適化する機能や、過充電を防止する機能を備えている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン