このページの本文へ

小島寛明の「規制とテクノロジー」 ― 第184回

ウクライナ難民とデジタルマネー-倶楽部情報局

2022年06月27日 18時00分更新

文● ASCII倶楽部編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。

 本日は、ASCII倶楽部の人気記事「ウクライナ難民とデジタルマネー」を紹介します。


 この記事が公開される2022年6月20日は、世界難民の日だ。

 ロシアによるウクライナ侵攻や、世界各地で起きている紛争を原因に、多くの難民が発生している。

 難民の保護と支援に対して世界的な関心を高めることが、世界難民の日の目的だ。

 日本国内でも、東京都庁やスカイツリーなど各地のランドマークが、ブルーにライトアップされる。

 難民という言葉を聞くと、難民キャンプや避難所に多くの人々が集まっている光景が頭に浮かぶが、デジタル化の進展で、難民に対する支援のあり方にも変化が生じている。

全世界で1億人が住まいを追われている

 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、6月10日時点で、欧州全域で登録されたウクライナ難民は約481万人にのぼる。

 戦争の長期化で、ウクライナ難民の置かれた状況は深刻さを増しているが、地球規模に視点を広げてみると、さらに問題の根深さが浮かび上がってくる。

 6月16日にUNHCRが公表したプレスリリースによれば、2022年5月までに世界中で1億人以上が、迫害、紛争、暴力、人権侵害などを原因に避難を強いられている。

 主な原因と考えられているのは、世界的な紛争の拡大だ。

 アフリカ諸国やウクライナ、アフガニスタンなどで紛争が広がり、住まいを失った人たちをカウントしていくと、1億人という想像を超える数字に達する。

重視される現金給付

 緊急人道支援の分野では、紛争地から避難してきた人たちへの現金給付が重視されている。

 現金であれば、いま必要なものは何か、どんな食品を買うかなど避難者たちも自らの考えで決めることができるからだ。

 国際赤十字赤新月社連盟(IFRC)のウェブサイトにはこんな記述がある。

 「現金給付では、危機の影響を受けた人たちが自らの希望と決定に基づき、家族のために準備し、優先順位をつけ、家族をケアすることを支援する。家賃、食費、教育費や医療費など幅広いニーズに対応できるようサポートする」

 ただ、コロナ禍で日本政府が支給した給付金でもさまざまな問題が明らかになっているが、現金給付には問題が付きまとう。

 ウクライナから隣国への避難者は、着の身着のまま逃げてきた人が多いはずだ。IDカードも、パスポートも持っていないというケースも少なくないだろう。そうなると、同じ人に複数回、現金を渡してしまうというミスが起きやすいのではないか。

 ウクライナの隣国ポーランドのUNHCRのサイトに、現金給付の規定が公表されている。

 支給額は避難者1人あたり、月に700ズロチ(6月17日のレートで約2万784円)、追加の家族一人につき600ズロチが支給され、少なくとも3カ月間は、UNHCRから現金を受け取ることができる。

 その際、UNHCRはウクライナからの避難者の指紋を集め、データベースを構築している。ウェブサイトに掲載された説明では、現金給付の重複を避け、別人が現金を受け取るのを防ぐことが目的だという。

 ウクライナからの避難者たちは、いったん隣国に逃れたとしても仕事や落ち着いた定住先を求め、さらに西側の欧州諸国を目指す人もいる。

 戦争が長期化する中で、避難者たちが置かれる状況も刻一刻と変化する。

 そうなると、どうやって正確に本人確認をし、継続的に支援を届けるかが課題になるのだろう。


 続きは「ウクライナ難民とデジタルマネー」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定です。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が更新されております! さらに、週刊アスキー 電子版の最新号から過去4年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額 税込1080円
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●クレジットカード
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
●auかんたん決済
●ドコモケータイ払い
●Amazon アカウント
※auかんたん決済、ドコモケータイ払いを選択された方は、3日間無料キャンペーンをご利用いただけません。 ※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explorer 11※Edgeは除く , Google Chrome最新版 , Firefox最新版
(Mac)Safari最新版
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1399(2022年8月9日発行)

バックナンバー

  • 週刊アスキー No.1398(2022年8月2日発行)

  • 週刊アスキー No.1397(2022年7月26日発行)

  • 週刊アスキー No.1396(2022年7月19日発行)

  • 週刊アスキー No.1395(2022年7月12日発行)

  • 週刊アスキー No.1394(2022年7月5日発行)

注目ニュース

ASCII倶楽部の最新記事