衛星データプラットフォーム「Tellus」、JAXAの気候変動観測衛星から取得した「海面水温」などの準リアルタイムプロダクト&8日間の時間統計量データを無料公開

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 さくらインターネットは6月23日より、同社の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」において、JAXAの気候変動観測衛星「しきさい」で取得した「海面水温」「クロロフィルa濃度」「懸濁物質濃度」の準リアルタイムプロダクトと8日間の時間統計量データを無料で公開する。

水面温度
©OpenStreetMap contributors,©さくらインターネット,©JAXA

 Tellusは同社が経済産業省事業として開発・運用する、衛星データやデータ処理に役立つアルゴリズム、開発環境などをクラウド上で活用できる日本発の衛星データプラットフォーム。

 海面水温、クロロフィルa濃度は、これまでアーカイブデータをTellusで公開していたが、今回の撮像後最短およそ70分で公開される準リアルタイムプロダクトと、8日間の観測データから雲などを除去し、平均値を算出した時間統計量データにより、リアルタイムに近い海水の状況を把握できるとしている。

クロロフィルa濃度
©OpenStreetMap contributors,©さくらインターネット,©JAXA

懸濁物質濃度
©OpenStreetMap contributors,©さくらインターネット,©JAXA

 これらのデータを利用することで、海洋上の気候変動の影響を把握し、漁業などへの利用が期待されるとしている。

 なお、準リアルタイムプロダクトは、これまでJAXAから一部研究者へ限定的に提供していたが、個人含め一般のユーザーが閲覧可能な環境で提供されるのはTellusが初めてだという。

■関連サイト

「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」配信のご案内

ASCII STARTUPでは、「ASCII STARTUPウィークリーレビュー」と題したメールマガジンにて、国内最先端のスタートアップ情報、イベントレポート、関連するエコシステム識者などの取材成果を毎週月曜に配信しています。興味がある方は、以下の登録フォームボタンをクリックいただき、メールアドレスの設定をお願いいたします。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
07月
08月
10月
11月
12月
2019年
04月
06月