このページの本文へ

Crossfadeシリーズから最新モデル「Crossfade 3 Wireless」も登場!

ローランド、ネックスピーカーとしても使える新感覚のワイヤレスヘッドホン「S-80」を発売

2022年06月22日 17時30分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ローランドは8月6日より、ヘッドホン・ブランド「V-MODA」のワイヤレスヘッドホンで、ネックスピーカーとしても使用できる新しいコンセプトの「S-80」と、同ブランドの中核をなす「Crossfadeシリーズ」の最新モデル「Crossfade 3 Wireless」を発売する。

S-80

 S-80は、ネックスピーカーとしての使用もできるユニークな2wayデザインのBluetoothワイヤレスヘッドホン+パーソナルスピーカーシステムとなる。

 音楽に集中できるヘッドホンとしてだけでなく、周囲の音を遮断せず開放感のあるリスニングを楽しめるネックスピーカーとしても使用可能。

ネックスピーカーとして使用時

 またV-MODA独自のサウンド・チューニングにより、パンチの効いた低音域、なめらかな中音域、クリアな高音域を実現しており、最新のヒップホップやEDMなどエレクトロニック・ミュージックに最適な、力強いサウンドでリスニングを楽しめるという。

 カラーはブラック、ローズゴールド、ホワイトの3色展開。イヤーカップ外側のシールド部は交換可能で、カラーやデザインのカスタマイズも可能(カスタム用の別売りシールド・キットは近日発売を予定)。

Crossfade 3 Wireless

 Crossfade 3 Wirelessは、従来機種「Crossfade 2 Wireless」で好評のサウンドをブラッシュアップしたBluetoothワイヤレスヘッドホンとなる。

 本体内部には独自開発の50mmデュアル・ダイヤフラム・ドライバーを搭載。より高解像度のパワフルな低音となめらかで心地よい中高音を実現し、最先端のサウンドに合わせたチューニングを施しているという。

 Bluetoothのコーデックは高音質のaptX HDに対応。ワイヤレスだけでなく有線接続での使用も可能。有線接続時の周波数特性は 5Hz~40kHzと広く、日本オーディオ協会の定めるハイレゾ準拠の高音質。DJプレイや音楽制作にも活用できるとしている。

 カラーはガンメタル・ブラックとブロンズ・ブラックの2色。別売りのカスタム・シールド・シリーズの中から好みのカラーを選んで交換も可能。

 価格はいずれもオープンプライスとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン