前へ 1 2 3 次へ

PCIe 4.0対応NVMe SSDがかなりお得な価格で

1TBが1万5000円台!Crucial「P5 Plus」1TB SSDはPS5の容量増設用途にコスパ最強か!?

文●飯島範久 編集●ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PlayStation 5(PS5)は発売されてから1年半以上経った今でも、なかなか入手が難しい状況が続いているが、それでもだいぶ改善されつつあるようだ。というのも、筆者もまったく入手できる気配すらなかったが、先日ようやく購入できたのだ。昨年3月にソニーストアの抽選に当たっていたにもかかわらず、メールをスルーして以来、1年以上かかってしまった。

 そんなPS5も、すでに存分にプレイしている人にとっては、そろそろストレージ容量を心配しているはず。ゲーム数本インストールしていたり、動画を録画したりしていると、実質667.2GBという容量は、あっという間に埋まってしまう。

 また、PlayStation Plusが強化され、PS5のゲームも過去のゲームも増え、ゲームのダウンロード頻度が、さらに増加している。そのため、標準搭載のSSDだけでは容量が足りなくなる。

 PS5は昨年9月のシステムバージョンアップにより、拡張スロットへM.2接続のNVMe SSDを搭載することで、PS5のゲームをインストールできるようになった。バージョンアップ前はPlayStation 4(PS4)のゲームを外付けストレージへ逃してプレイできたが、PS5のゲームは逃がせたものの、そこからの起動はできなかった。

 そのため、今後はPS5でもゲームが直接起動できる内蔵SSDの容量は欠かせない。これでようやく、足りなくなった容量のために都度ゲームを整理するという作業が緩和されたわけである。

極力大容量のNVMe SSDを選びたい!

 PS5の拡張スロットに差せるNVMe SSDの要件というのは、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「PlayStation 5にM.2 SSDを取り付ける方法」というページに記載されている。簡単に要件を紹介すると、

・インターフェースはPCIe 4.0対応M.2接続NVMe SSD

・容量は250GBから4TBまで

・ヒートシンクや熱電度シートなどの放熱構造が必要

・ヒートシンクを装着したとき、高さは最大11.25mm以内

・シーケンシャルリードは5500MB/秒以上を推奨

 というような具合だ。要は、パソコンなどで利用するPCIe 4.0対応NVMe SSDでヒートシンクを装着したものを選べばよい。

 そこでオススメしたいのが、Crucialの「P5 Plus」である。容量は500GB、1TB、2TBが用意され、シーケンシャルリードは最大6600MB/秒、シーケンシャルライトは最大5000MB/秒。マイクロン製の3D NANDを採用し、自社開発のコントローラチップを採用。性能と耐久性を兼ね備えた信頼性の高さが売りだ。

Crucialの「P5 Plus」。PCIe 4.0に対応し500GB、1TB、2TBのモデルが用意されている

 なにより、最近の円安や半導体不足が叫ばれているなか、1TBモデルの「CT1000P5PSSD8JP」が1万5000円台で入手できるので、非常にコスパがいいところがポイント。

 P5 Plusにはヒートシンクを搭載したモデルは用意されていないものの、別途ヒートシンクだけ売られているので、PS5の要件に合うサイズの製品を購入し装着すればいい。

前へ 1 2 3 次へ

過去記事アーカイブ

2022年
02月
07月
2021年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
2019年
09月
11月
2018年
01月
05月
10月
2016年
06月
09月
2015年
01月
02月
11月
2014年
03月
06月
2013年
04月