このページの本文へ

まさに羊の皮をかむった超速モバイルノートだ!

クリエイター&ビジネスマンにも、どストライクの高性能15型ノート 「ROG Zephyrus G15 GA503」実機レビュー

2022年06月29日 11時00分更新

文● 写真 ジャイアン鈴木 編集● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASUS JAPANは15.6型ゲーミングノートPC「ROG Zephyrus G15 GA503」を発売した。本製品はAMDの最新Ryzen 6000シリーズとNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズを組み合わせたゲーミングノートPCである。

 ハイパワーなCPUとディスクリートGPUを組み合わせつつ、薄さ19.9mmの薄型ボディー、約11.2時間のバッテリー駆動時間を実現。ハイパフォーマンスを携帯したいという方にもってこいのマシンだ。

 実機を使って、製品の特長、パフォーマンス、使い勝手などについてじっくりとレビューしていこう。

ASUS JAPAN「ROG Zephyrus G15 GA503」直販価格22万9800円~

究極の15型スリムノートデザイン、薄くてスマートなルックスがいいのだ

 ゲーミングノートPCというと押し出しの強さや、凄みを感じさせる「攻めた」デザインが多いが、ROG Zephyrus G15のフォルムには過剰な装飾を排した美しさがある。

 特にホワイトモデルは、19.9mmという薄さも相まって非常にスマートな印象だ。派手さでゲーミングノートPCを敬遠していた方も、ROG Zephyrus G15の落ち着いた外観は気に入るはずだ。

ROG Zephyrus G15は過剰なデザインを排した美しいフォルムを実現

いい意味でゲーミングノートPCらしからぬオトナなデザインが魅力的だ

 シンプルなフォルムのROG Zephyrus G15だが、細かな作り込みが施されている。カラーはムーンライトホワイトとエクリプスグレーの2色が用意されているが、天板半分には精密なCNC加工により8279個の極小の穴が空けられており、その下には「プリズムナノフィルム」が敷かれている。

 この加工によって、光の加減や、見る角度により天板の煌めきがまるでオーロラのように変化して、さまざまな表情を見せてくれるのだ。

天板の8279個の極小の穴から、プリズムナノフィルムに反射した光が透けて見える。オーロラや虹を彷彿とさせる美しさだ

 ヒンジはエルゴリフト式を採用。ディスプレーは180度まで開くことが可能で、途中まで開いた段階で本体奥がせり上がり、キーボード面に適度な角度がつく。

 また、底面に隙間が生じることにより冷却効率も向上する。キーボードの打ちやすさと、安定したパフォーマンスの2点において、恩恵を受けられるわけだ。

底面には吸気口が設けられている。エルゴリフトヒンジにより底面の隙間が大きくなるので、熱がこもりにくくなる。吸気効率の向上も期待できそうだ

 キーボードは86キー日本語キーボード(RGBイルミネートキーボード)を採用。キートップのフォントはゲーミングノートPCとしては比較的おとなしめで、視認性も良好。かな文字の刻印も用意されているので、かな入力派も安心だ。

キートップのフォントはおとなしめ。ただしボリューム、マイクミュートに加え、統合ユーティリティー「Armoury Crate」起動用ボタンが左奥に配置されており、素早く設定を変更できる

最速15型ノートのスペックチェック
もちろん妥協のない「ROG」クオリティー

 ROG Zephyrus G15はCPUに「Ryzen 9 6900HS」(8コア16スレッド、3.3~4.9GHz)または「Ryzen 7 6800HS」(8コア16スレッド、3.2~4.7GHz)を採用している。両CPUの強みはコア数、スレッド数の多さ。マルチコア、マルチスレッド対応のゲーム、アプリであれば多くの処理を同時に実行できる。

 ゲームではディスクリートGPUが重要だが、それに見合ったCPUを搭載していなければ本来の性能を発揮できない。ROG Zephyrus G15は、高速なDDR5-4800メモリー、PCIe Gen4 x4接続SSDを搭載している。全体のバランスを考慮して、性能の高いパーツが組み合わされているのだ。

CPUベンチマークソフト「CINEBENCH R23」実行中の画面。マス目を数えると同時に16個の演算処理が実行されているのがわかる

 ディスクリートGPUには、「NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU」と「NVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU」が採用されている。

 GeForce RTX 3070 TiはNVIDIA CUDAコアが5888個、ブーストクロックが1035~1485MHz、メモリーサイズが8GB、メモリータイプがGDDR6、GeForce RTX 3060はNVIDIA CUDAコアが3840個、ブーストクロックが1283~1703MHz、メモリーサイズが6GB、メモリータイプがGDDR6と差別化が図られている。

 どちらでも、AIプロセッサーを使用してグラフィックパフォーマンスを向上させる「NVIDA DLSS」や、現実世界の光の挙動をシミュレートする「レイトレーシング」などの最新技術を利用できるが、AAAタイトルを快適にプレイしたいのなら上位のGeForce RTX 3070 Ti搭載機がオススメだ。

ここには記載はないが、GeForce RTX 3070 TiとGeForce RTX 3060は、GPUサブシステム電力、メモリーインターフェース幅などのスペックも異なっている

 ROG Zephyrus G15のラインナップは下記の6モデル。CPUはRyzen 9 6900HS/Ryzen 7 6800HS、ディスクリートGPUはGeForce RTX 3070 Ti/GeForce RTX 3060、メモリーは32GB/16GB、ストレージは1TB/512GB、そしてカラーはムーンライトホワイト/エクリプスグレーが用意されている。これら以外のスペックはまったく同じだ。

 インターフェースは、USB 3.2 Gen2 Type-C(データ転送、DisplayPort 1.4、USB Power Delivery 3.0対応)×2、USB 3.2 Gen2 Type-A×2、HDMI 2.0b×1、有線LAN×1、microSDメモリーカードスロット(UHS-II)×1、オーディオコンボジャック×1を用意。

 ワイヤレス通信はWi-Fi 6(11ax)、Bluetooth 5.1をサポートしている。新旧端子が網羅されているので、USBハブが必要になることはないはずだ。

右側面にUSB 3.2 Gen2 Type-A×1、microSDメモリーカードスロット(UHS-II)×1、ケンジントンロック×1、左側面に電源端子、HDMI 2.0b×1、有線LAN×1、USB 3.2 Gen2 Type-A×1、USB 3.2 Gen2 Type-C(データ転送、DisplayPort 1.4、USB Power Delivery 3.0対応)×2、オーディオコンボジャック×1が配置されている

 15.6型WQHDカラー液晶ディスプレーのリフレッシュレートは最大240Hz。同時に発表された弟分の「ROG Zephyrus G14 GA402」が最大120Hzだったので、2倍のリフレッシュレートを実現しているわけだ。画面の大きさ、そしてリフレッシュレートを重視するなら、ROG Zephyrus G15に軍配が上がる。

リフレッシュレートは240Hzと60Hzから選択できる。リフレッシュレートを下げれば消費電力を下げられる

気になる性能を徹底チェック
Ryzen 9とGeForce RTXで最強レベルだ

 AMDの最新Ryzen 6000シリーズとNVIDIAのGeForce RTX 30シリーズを組み合わせたROG Zephyrus G15は、どのぐらいのパフォーマンスを発揮するのだろうか?

 Ryzen 9 6900HS/NVIDIA GeForce RTX 3070 Ti Laptop GPU/32GB DDR5-4800/1TB(PCIe Gen4 x4接続SSD)を搭載する試用機でベンチマークを実施してみた。

 まずCPU性能だが、「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は14785ptsを記録した。8コア16スレッド、3.3~4.9GHz動作のRyzen 9 6900HS搭載機として順当な結果だ。

「CINEBENCH R23」のCPU(Multi Core)は14785pts

 つぎはビジネス用途のパフォーマンスをチェックするために、総合ベンチマーク「PCMark 10」を実施したところ、総合スコアは7481となった。PCMark 10の指標「Office Laptop(2020)」が4611なので、ROG Zephyrus G15はその1.62倍のスコアを記録したことになる。

「PCMark 10」の総合スコアは7481

 今度はゲーミング性能を確認するために「3DMark」を実施したところ、Time Spyで10674を記録した。「Estimated game performance(推定ゲームパフォーマンス)」を見てみると、「Apex Legends」(1440p Ultra)で「115+ FPS(115fps以上)」と表示されている。AAAタイトルの映像を滑らかに表示するのに十分な3Dグラフィックス性能を備えていることになる。

「3DMark」のTime Spyは10674

 最後に、実際のアプリケーションで動作速度をチェックしたところ、「Adobe Lightroom Classic」で100枚のRAW画像を現像するのにかかった時間は2分23秒48、「Adobe Premiere Pro」で実時間5分の4K動画を書き出すのにかかった時間は1分42秒35となった。

 高負荷な書き出し処理をこれだけ短時間でこなせるのなら、編集作業などの本来のクリエイティブワーク本来にじっくりと時間をかけられるわけだ。

「Adobe Lightroom Classic」で100枚のRAW画像を現像するのにかかった時間は2分23秒48(7952×5304ドット、カラ- - 自然)

「Adobe Premiere Pro」で実時間5分の4K動画を書き出すのにかかった時間は1分42秒35(3840×2160ドット、30fps)

 86キー日本語キーボード(RGBイルミネート)のキーピッチは19mm前後、キーストロークは1.7mm、文字キーの押圧力は0.48N、タッチパッドの面積は実測130×85mm。キーボード、タッチパッドの剛性はASUSのほかのノートPCと同様に高く確保されており、フィーリングも良好だ。エルゴリフトヒンジによる傾斜もちょうどよかった。

 もちろん、ゲーミングノートPCのキーボードということで、ひとつひとつの入力を正確に認識する「Nキーロールオーバー」仕様で、2000万回の打鍵に耐えられる耐久性を備えている。ゲームプレイだけでなく、大量のテキスト入力にも適したキーボードだ。

キーピッチは実測19mm前後

キーストロークは1.7mm

文字キーの押圧力は0.48N

タッチパッドの面積は実測130×85mm

 15.6型WQHDカラー液晶はDCI-P3カバー率100%と謳われている。カラーキャリブレーション機器「i1Display Pro」と色度図作成ソフト「ColorAC」で実測したところ、sRGBカバー率は100.0%、AdobeRGBカバー率は88.1%、DCI-P3カバー率は99.6%とほぼスペックどおりの広色域を確認できた。

 また、実際に画像を表示しても、グラデーションが滑らかで、発色に違和感はない。動画のカラーグレーディングなどにも利用できるクオリティーのディスプレーだ。

ディスプレーは15.6型WQHDカラー液晶(2560×1440ドット、240Hz、ノングレア、DCI-P3カバー率100%、PANTONE認証、Dolby Vision対応)

実測したsRGBカバー率は100.0%、sRGB比は137.7%、AdobeRGBカバー率は88.1%、AdobeRGB比は102.1%、DCI-P3カバー率は99.6%、DCI-P3比は101.5%

【結論】
なにをするにも絶対負けない15型ノートなのだ

 ROG Zephyrus G15は細かなところまで丁寧に作り込まれている。ディスプレーのベゼルは左右が実測5mm、上が実測9mmの超狭額仕様。ベゼルを超狭額とすることでデザイン的にも締まって見えるし、15.6型ディスプレー搭載機としては355×246×19.9mmというコンパクトなボディーを実現している。

ディスプレーのベゼルは左右が実測5mm、上が実測9mmの超狭額仕様

 スピーカーはDolby Atmosに対応しており、ツインツイーター、フォースキャンセリングウーファーで構成された6スピーカーシステムを搭載。フォースキャンセリングウーファーが共鳴を最小限に抑えつつ、大ボリュームで迫力のサウンドを奏でてくれる。

スピーカーはキーボード左右の特等席と、パームレスト下に搭載されている

 ゲーム配信や音声チャットで重宝するのが「双方向AIノイズキャンセリング」。アップストリームとダウンストリームのどちらでもノイズを除去し、クリアな音声でコミュニケーション可能だ。もちろん、双方向AIノイズキャンセリングはリモート会議のクオリティー向上にも効果を発揮する。

ROG Zephyrus G15は「3Dアレイマイク」を内蔵。状況に応じて、単一指向性モード、ステレオモード、全方向モードを切り替えられる

 本製品を購入するにあたって最も悩ましいのはカラー。前述のとおり、ムーンライトホワイトとエクリプスグレーの2色が用意されており、それぞれ異なる魅力がある。ちなみに、個人的なお勧めはムーンライトホワイト。エクリプスグレーより手脂が目立たないのだ。手脂による汚れが気になる方はぜひムーンライトホワイトを選んでほしい。

いかにもゲーミングノートPCらしいカラーのエクリプスグレー、一般的なノートPC寄りのムーンライトホワイト。どちらも魅力的なカラーだ

 ハイパフォーマンスなCPUとディスクリートGPUを搭載しているROG Zephyrus G15だが、90Whの大容量バッテリーでどのくらい動作するのだろうか? Armoury Crateの動作モードを「サイレント」、MUXスイッチを「MSHybrid」、ディスプレー輝度を40%に設定して「PCMark 10 Modern Office Battery Life」を実行したところ、7時間36分動作した。モバイル用途に活用できるバッテリー駆動時間を備えている。

「PCMark 10 Modern Office Battery Life」を実行したところ、7時間36分動作した

USB 3.2 Gen2 Type-C端子はUSB Power Delivery 3.0対応。コンパクトなサードパーティー製充電器を利用できる。高負荷な処理中は給電量が追いつかず、バッテリー残量が減っていくが、ブラウジングやオフィスアプリなどの一般的な用途であればまかなえる(※充電器の容量による)

 ROG Zephyrus G15は、ハイパフォーマンスなCPU、ディスクリートGPUを採用し、15.6インチディスプレー、そして90Whの大容量バッテリーを搭載しつつ、355×246×19.9mm、約1.99kgというゲーミングノートPCとしては小型、軽量なボディーを実現している。

 ゲームやクリエイティブアプリのために、ハイパワーをつねに携帯したいというゲーマー、クリエイター、ビジネスマンに、ROG Zephyrus G15は弩ストライクの高性能15型ノートである。

(提供:ASUS JAPAN)

 

■関連サイト

カテゴリートップへ