このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

「VALORANT」や「Apex Legends」を144Hz液晶で存分に堪能できる!

実際にゲームするとわかる大画面の迫力! 17.3型で18万円台と高コスパな「G-Tune E7-WA」で話題作も快適プレイ!

2022年06月15日 11時00分更新

文● 八尋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「G-Tune E7-WA」

 ゲーミングパソコンを購入するうえで、まず選択がわかれるのがデスクトップかノートかという点がある。パーツの交換が可能だったり、大きなディスプレーでゲームをプレイできたりというのがデスクトップの強みだが、その反面設置スペースをしっかりと確保する必要がある。

 ノートパソコンであれば、パソコン、ディスプレー、キーボード、ウェブカメラなどを別々で用意する必要がないため、設置スペースはそこまで広い必要がない。加えて、場所を変えて作業できたり、使わないときに片づけることができたりするのも特徴だ。

 ただ、ノートパソコンといえば13.3型から15.6型のモデルが多く、デスクトップでのゲームプレイと比べるとディスプレーが小さく感じる人もいるだろう。

 そこでオススメしたいのが、大画面の17.3型ディスプレーを採用するノートパソコンだ。15.6型と比べても17.3型というディスプレーサイズは結構大きくなり、ゲームプレイはもちろん、仕事の作業効率も上がる。

 マウスコンピューターが販売する「G-Tune E7-WA」は、まさに大画面の17.3型ディスプレーを採用し、かつGeForce RTX 3060 Laptop GPUを搭載することで、フルHDでの快適なゲームプレイが可能。さらに、18万9800円からと20万円以下で買えるリーズナブルな価格も魅力のゲーミングパソコンだ。

 今回は、G-Tune E7-WAを試用する機会を得たので、どのようなマシンなのか紹介していこう。

試用機の主なスペック
CPU Core i5-11400H(最大4.5GHz)、6コア/12スレッド
グラフィックス GeForce RTX 3060 Laptop GPU(6GB GDDR6)
メモリー 16GB(8GB×2)
ストレージ 512GB Gen3×4 SSD(M.2接続/NVMe対応)
ディスプレー 17.3型(1920×1080ドット)、リフレッシュレート144Hz、ノングレア
内蔵ドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n)、Bluetooth 5.0
インターフェース USB 3.1 Type-C、USB 3.0 Type-A、USB 2.0 Type-A、Thunderbolt 4(DisplayPort Alt Mode対応)、Mini DisplayPort、HDMI、有線LAN端子、マイク入力、ヘッドセット出力、microSDカードリーダー
内蔵カメラ 100万画素Webカメラ
サイズ/重量 およそ幅396.9×奥行264.5×高さ25.4mm/約2.59kg
OS Windows 11 Home(64bit)

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ