このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第44回

Windows 11のデスクトップ上に検索フォームを配置するテストがスタート

2022年05月27日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デスクトップ上に検索フォームを置くテストが実施されている

 5月20日、Windows 11 Insider Preview Build 25120がリリースされた。ARM64デバイスにも対応していたり、ISOファイルもリリースしてクリーンインストールできるようになっている。ISOファイルは「Windows Insider Preview Downloads」(https://www.microsoft.com/en-us/software-download/windowsinsiderpreviewiso)からダウンロードできる。

検索したいキーワードを入力する。途中で候補も表示される

 また、今回のバージョンでは、マイクロソフトは新しい機能をテストしている。Windows 11のデスクトップに検索フォームを配置しているのだ。ここにキーワードを入力すると、Edgeブラウザーが起動し、Bingの検索結果ページが表示される。検索バーに途中まで入力すると、Bingの検索候補が表示される。URLを直接入力することも可能だ。

Edgeブラウザーで検索結果が表示される

 もし、デスクトップの検索フォームが不要であれば、非表示にすることもできる。デスクトップの右クリックメニューから「その他のオプションを表示」をクリックし、「Show Serch」のチェックを外せばいい。

デスクトップの右クリックメニューから検索フォームを非表示にできる

 マイクロソフトはこのビルドから、Windowsデスクトップで軽量のインタラクティブコンテンツを公開することを検討しはじめているという。同様の機能はウィジェットにも搭載されており、どちらが使われるのか調べているのだと考えられる。

似たような機能はすでにウィジェットに搭載されている

 確かに、検索のためにウィジェットを開くなら、ブラウザーを起動しても同じ手間で済む。デスクトップから直接検索できるのは確かに時短につながるかもしれない。ただし、正式に搭載する場合、既定のブラウザーで表示してもらいたいところ。ウィジェットから検索結果を開く場合も、強制的にEdgeブラウザーが開くので、期待はできないかもしれないが、その場合は使われる頻度も減ることだろう。

 この機能はA/Bテスト中で、Insider Previewユーザーでも利用できないことがある。また、正式版に搭載されると限らないので、今後のブラッシュアップに注目したい。

 なお、Insider Preview Build 25120にしているのに、検索フォームが表示されない場合、どうしても使いたいなら強制的に表示することもできる。

ViveToolをダウンロードして展開する

コマンドを入力すれば、検索フォームが有効になる

 Github(https://github.com/thebookisclosed/ViVe)から「 ViVeTool-v0.2.1.zip」(3月14日現在)をダウンロードして、管理者権限で開いたコマンドプロンプトで「vivetool addconfig 37969115 2」と入力。Windows 11を再起動すると、検索フォームが現れる。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン