“最高の1080Pゲーミング”を実現するというAMDゲーミングノートPC

MSI、Radeon RX 6600M搭載の15.6型ゲーミングノートPCをAmazon限定販売へ

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Alpha 15, AMD Advantage Edition」

 エムエスアイコンピュータージャパンは5月18日、Ryzen 7 5800HとRadeon RX 6600Mを搭載し、あらゆるPCゲームを1080P(フルHD、1920×1080ドット)、高画質設定、高フレームレートでプレイできる“最高の1080Pゲーミング”を実現するというAMDゲーミングノートPC「Alpha 15, AMD Advantage Edition」を発表した。実売価格は14万9800円前後の見込みで、Amazon限定で5月28日より発売する。

 また、ゲーミングノートPC「GF63 Thin」シリーズより、価格を10万円以下に抑えた高コストパフォーマンスモデル「GF63-10SC-3166JP」もAmazon限定で同時発売する。

「Alpha 15, AMD Advantage Edition」

 Alpha 15, AMD Advantage Editionは、CPUには8コア16スレッドでデスクトップPC並みの処理性能をうたうRyzen 7 5800Hを搭載。ゲームを起動しつつプレイ動画をリアルタイムで配信するようなヘビーな使い方でも高速動作を可能とする。Radeon RX 6600Mは、バトルロイヤルやFPSのような負荷の高いPCゲームからMMORPGやサンドボックスゲームにいたるまで、あらゆるジャンルのゲームをフルHD解像度の高画質設定・高フレームレートでプレイできるグラフィックス性能を備える。ゲームプレイだけでなく、ゲームプレイ動画の編集や複数のレイヤーを活用したサムネイル画像作成など、クリエイティブ作業にもパワーを発揮するという。

 また、バトルロイヤルやFPSゲーム向けのリフレッシュレート144Hzの15.6型ディスプレーを標準搭載。さらに、長時間のハードなゲーミングによりノートPC本体内部で発生した熱を効率的に外部へ排出し、パフォーマンス低下を防いで安定した動作を実現する強力冷却システム「Cooler Boost 5」を搭載。内部構成は16GBメモリーと512GB SSDを搭載し、初めてゲーミングノートPCを購入する人でも迷わず安心して選べる一台としている。

「Alpha 15, AMD Advantage Edition」主な仕様

高コスパゲーミングノートPC「GF63-10SC-3166JP」

「GF63 Thin」シリーズより高コスパモデル「GF63-10SC-3166JP」が登場

 GF63-10SC-3166JPは、10万円以下のリーズナブルな本体価格ながら、基本性能に加えてゲーミングPCとしての付加価値も備えた高コストパフォーマンスモデル。実売価格は9万9800円前後の見込み。

 CPUには6コア12スレッドのCore i5-10500Hを搭載。GPUにGeForce GTX 1650 Max-Q デザインを搭載することで国内向けオンラインゲームを楽しめることに加え、動画・画像編集ソフトを使用する際にGPUパワーを活用してレンダリング速度を高速化することが可能となり、クリエイティブ用途でも活躍が期待できるという。

 また、リフレッシュレート144Hzの15.6型ディスプレーを標準搭載。本体は厚さ21.7mm、重量1.86kgで、外出先へ持ち運びしやすい。

「GF63-10SC-3166JP」主な仕様

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2018年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2017年
01月
03月
05月
06月
07月
09月
10月
11月
2016年
01月
03月
05月
06月
09月
11月
2015年
01月
03月
04月
06月
2014年
05月
06月
09月
10月
11月