このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局 第891回

WWDCで発表予定:

アップル「iOS 16」通知とヘルスケア機能を大幅改善か

2022年05月07日 09時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルがWWDCで発表するとみられるiPhoneの新OS「iOS 16」は、通知機能の大幅強化とヘルスケア機能の追加が行なわれるという。米メディアBloombergのMark Gurman記者がニュースレターで4月10日に報じた。

 同氏によると、iOS 16ベータ版はコードネーム「シドニー」と呼ばれており、インターフェースの再設計はされないものの、通知機能の強化や新しいヘルスケア機能の追加など、全体的にかなり重要な機能の強化がされるという。

 このほかiPadOS 16は、マルチタスク用インターフェースの再設計がされる可能性があるとのこと。

 うわさの詳細は6月のWWDCで明らかになるだろう。

   

筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中