「FAV gaming」、ところざわサクラタウン「FAV ZONE」に拠点を移し今年度も活躍

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KADOKAWA Game Linkageは4月8日、同社が運営するプロゲーミングチーム「FAV gaming(ファブゲーミング)」の2022年度体制について発表した。

 FAV gamingは2018年に設立したKADOKAWA Game Linkageがプロデュースするゲーミングチーム。現在「格闘ゲーム部門」「VALORANT部門」「レインボーシックス シージ部門」をはじめ、全6部門を設置。アジア、さらには世界で戦えるチームとして成長を続けている。名称はチームスローガンであるFun and Victory(楽しんで勝つ)の頭文字から採用。

 チーム設立から4年を機にチームロゴを一新。「質実剛健」という強い意志を表すとともに、離れているパーツはバラエティー感を持ち合わせるといった意味をイメージし、矢印のようにも見えるデザインはFAV gamingがeスポーツ業界を加速させるという思いも込めているという。

 4月2日にはFAV gamingの新たな拠点として埼玉県所沢市の「ところざわサクラタウン」にeスポーツ専用施設「FAV ZONE」がオープン。およそ90平方メートルのフロアに13台のハイエンドゲーミングPCや98型ディスプレーを備え、トレーニングルームとしてはもちろん、撮影スタジオやイベント会場としても活用できる施設。充実設備を備えた同施設にて強化トレーニングを行なうほか、eスポーツシーンに関心のあるユーザーや子供たちに向けた定期的なワークショップなどを実施するという。

 また、FAV gamingのブランドアンバサダーおよびメンタルアドバイザーとして、ハンドボール元日本代表主将で現在ジークスター東京でプレーする土井レミイ杏利選手が就任。所属する選手のパフォーマンスが最大限に発揮できるよう、日々のメンタルコントロールや選手としての立ち振る舞いを、現役アスリートとして活動する立場からコーチングするとしている。

 FAV gamingに関する情報は、FAV gaming公式サイトや公式Twitterで随時配信する。
 

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2012年
02月
2011年
05月
07月
2010年
08月
09月