このページの本文へ

パナソニック、ロボットの移動やセキュリティーとの連動等の課題に対して実証実験を実施

2022年01月25日 19時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パナソニックは1月25日、搬送ロボットやロボット掃除機がエレベーターやセキュリティードアと連携し、オフィスビルや商業施設での配送・清掃業務のサービスを行なう次世代型まちづくりに参画すると発表した。

搬送ロボット

 本実証は、経済産業省補助事業の「令和3年度革新的ロボット研究開発等基盤構築事業(ロボットフレンドリーな環境構築支援事業)」を受託した三菱地所のもと、同社はロボットメーカーとして協力する。

 今回は、施設内でのフロアをまたぐロボットの移動や、ロボットとセキュリティードアやフラッパーゲートなどのセキュリティーとの連動といった課題に対して実証実験を実施。

 具体的には昨年度の成果(多様なロボットが様々なエレベーターに搭乗できるようにするための通信仕様や運用方法等)を活用したロボットのエレベーターへの自動的な搭乗によるフロア間の移動と、セキュリティードアやフラッパーゲートと連動したフロア内の安全な移動の実現を目指すという。

 それぞれの実証期間・場所については以下を参照。

・搬送ロボット
実証期間:2月末まで 10時~20時30分(予定)
場所  :大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

・ロボット掃除機
実証期間:2月末まで(予定)
場所  :大手町パークビルディング、大手町フィナンシャルシティ グランキューブ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン