このページの本文へ

2月1日より

XR技術で現実空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信するソリューション「XRscape」の提供開始

2022年01月25日 16時00分更新

文● ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIとPsychic VR Labは2月1日から、5GやVPSなどのXR技術で実在の都市空間にバーチャル広告やコンテンツを重ねて配信できる空間のメディア化ソリューション「XRscape(エックスアールスケープ)」の提供を開始する。

 XRscapeは、バーチャル広告やコンテンツを実在の都市空間に自由に重ねて設置できることに加え、都市の回遊性を高めるARスタンプラリーなども簡単に実施でき、都市全体を大規模なプロモーションなどに活用が可能。

 具体的にはXRscapeの対応場所において、空間上のさまざまな場所にコンテンツを配置し、その空間全体をジャックすることできたり、屋外広告やデジタルサイネージなどの物理的な設置枠に関係なく、空間に自社の広告を配信することできるという。

 またユーザーは、KDDIのXRアプリ「SATCH X powered by STYLY」を起動し、スマホを都市空間にかざすだけで、簡単にコンテンツを体験することができる。

 なお、東京都渋谷区の渋谷PARCO 1階「ナカシブ通り」と10階「ROOFTOP PARK」の2地点を空間のメディア化の対応施設とするほか、都市空間向けのコンテンツ制作と配信は、東京・大阪・名古屋・札幌・福岡・京都の6都市で対応しており、今後全国の都市や施設に拡大していくとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン