FRONTIER、コンパクトながら3ドライブ内蔵も可能なスリムデスクトップPC「CSシリーズ」販売開始

文●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インバースネットは1月25日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRONTIER」にて拡張性に優れたスリム型PC「CSシリーズ」を販売開始した。

 本体サイズは幅およそ111mmとスリムながらDVDマルチドライブや複数のストレージを内蔵できる拡張性を備えたケースを採用。内部ベイは3.5型×1と2.5型×1を備え、M.2 NVMe SSD + 2.5型SSD + 3.5型HDDの3ストレージの組み合わせも可能。CPUには第11世代インテルCoreプロセッサーを搭載し、マザーボードには「ASUS PRIME H510M-E」を採用。

 CPUやメモリー、ストレージが異なるモデルを3機種がラインアップする。価格はCore i5-11400搭載モデルが7万2800円から、Core i7-11700モデルは10万5800円。

過去記事アーカイブ

2022年
01月
02月
03月
04月
05月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
02月
03月
06月
07月
08月
09月
11月
2018年
01月
09月
2017年
06月
10月
2016年
12月