このページの本文へ

オートサロン2022

今年のラリージャパンは11月10~13日! 名古屋出身アイドルも応援!

2022年01月25日 15時00分更新

文● 栗原祥光(@yosh_kurihara) モデル●寺坂ユミ(@129Ym_afilia)編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ラリージャパン実行委員会は今年の11月10~13日の開催を予定している「フォーラムエイト ラリージャパン2022」(以下、ラリージャパン)についての記者発表会を、東京オートサロンの会場で行ないました。

今年こそはラリージャパンを見たい!

 ラリージャパン2022は、世界ラリー選手権(WRC)の最終戦日本ラウンドとして行なう予定の大会。当初は2020年に実施する予定でしたが、コロナ禍によりキャンセル。翌2021年も前年同様の理由により開催を断念せざるを得ませんでした。

ラリージャパン実行委員会 鈴木賢志会長

 登壇したラリージャパン実行委員会 会長の鈴木賢志氏は、まず大会の概要を説明。大会は2022年11月10~13日。愛知県の岡崎市、豊田市、新城市、設楽町、岐阜県の恵那市、中津川市にSS(スペシャルステージ)が設定され、コースや観客エリアの詳細は検討中とのこと。最終的にはFIA、WRCプロモーターとの協議を経て6月以降に発表する予定なのだとか。

セレモニアルスタートは豊田市の豊田スタジアムで実施

 大会のコンセプトは「クルマ、お祭り、応援」であることを説明した上で、フードフェスタや自動車の展示イベントなども盛り込む方向で自治体と調整していると鈴木氏は説明。また会見では、大会初日のセレモニアルスタートは豊田市の豊田スタジアムで実施されることが明らかになったほか、セレモニアルスタート終了後にラリーカーはリエゾンとして街中を走る計画とのこと。さらに豊田市駅前広場を封鎖し、集まったファンに車両とドライバーを紹介する方向で検討しているようです。

宍戸竜二氏によるコンセプトビジュアル

 会見ではイラストレーターの宍戸竜二氏によるコンセプトビジュアルが公開。「街全体でクルマ祭」というコンセプトを体現しているかのようなイラストに仕上げられていました。

ダットサン240Z(1971年サファリラリー仕様)

トヨタ セリカ ターボ4WD(1993年オーストラリア仕様)

三菱ランサーWRC05

スバル インプレッサWRC2006(2007年ラリーモンテカルロ仕様)

トヨタ ヤリスWRC(2019年参戦車両レプリカ)

 会見場の近くでは、往年のラリーカーも展示されラリー気分を醸成。多くの人たちがカメラにその姿を映し込んでいました。

愛知出身のゆみちぃ部長もラリージャパンを応援!

会見を興味深く聴く寺坂ユミさん

 この会見に、ASCII.jp自動車部のゆみちぃ部長こと、アイドルユニット「純情のアフィリア」の寺坂ユミさんも参加。30分近い会見を真剣な眼差しを向けながら聞いていました。会見後「私の住んでいる地域で、世界規模の大会が行なわれるって知りませんでした。絶対に観に行きたいです!」ということで、近くにあったメッセージカードにコメントを寄せていました。

 ASCII.jpではかねてから梅本まどかさんのラリージャパンチャレンジを応援していますが、今年こそは彼女が出場する姿を見たいですね。奇しくも梅本まどかさんと、ゆみちぃ部長は同じ愛知県出身のアイドル同士。いずれ、対面するときが来るかもしれません。

寺坂さんの直筆メッセージ

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ