このページの本文へ

ここが変わったWindows 11 第27回

Windows 11「フォト」アプリのプレビュー機能が強化された

2022年01月21日 12時00分更新

文● 柳谷智宣 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Windows 11の「フォト」アプリがアップデートした

 Windows 11の「フォト」アプリも改良されている。2021年9月にマイクロソフトの最高製品責任者が新しい「フォト」アプリを発表し、Windows 11 Insider Programで公開していたが、現在は正式版にも導入されている。

 「フォト」アプリを起動すると写真一覧やコレクションが表示され、サムネイルをクリックすると写真が大きく開く。ウィンドーの端は丸みを帯び、MicaデザインでWindows 11にぴったりの見た目になっている。

写真のプレビュー画面。画面下にフィルムストリップが表示されている

 大きく変わったのは写真のプレビューウィンドー。画面下には紙焼き写真のフィルムのように前後の画像のサムネイルが並んだフィルムストリップが表示されている。左右の矢印キーやマウスのホイールで写真を切り替えられるので次々と鑑賞する時に便利。

動画も再生できる

 さらに、フィルムストリップのサムネイルの右上にマウスポインターを動かすと四角い枠が現れる。これは選択画面で、複数枚の写真を選択できるようになっている。選択した写真は並べて表示され、見比べることができる。

フィルムストリップで複数の画像を選択すると、並べて表示できる

 ツールバーは上部にフロート表示されており、拡大縮小や回転、お気に入りに追加などが行える。「・・・」アイコンからは保存や印刷、サイズ変更、スライドショーなどに加え、様々な連携アプリに受け渡すこともできる。

「・・・」から他のプログラムに連携できる

 「編集」アイコンをクリックすれば編集モードになり、様々なフィルターを適用したり、明るさやコントラストなどを調整したり、トリミングしたりできる。

利用できる「フィルター」の数も多い

 簡単な画像編集は一通りできるので、凝ったことをしない限り、写真のビューワーからレタッチまで「フォト」アプリでこと足りてしまうのが、うれしいところ。

細かい調整を手動ですることもできる

トリミングや回転もできる

 もちろん、従来通り、写真や動画から1本のムービーを作成する機能も利用できる。「ビデオエディター」タブから「ビデオを自動的に作成する」をクリックし、複数の写真や動画を選択するだけで音楽やエフェクトを付けてくれる「自動リミックス」機能はとても楽しいのでぜひ試してほしい。

「ビデオエディター」タブで写真や動画から動画を簡単に作成できる

 動画の内容がイマイチなら、「リミックス」ボタンをクリックするだけで再構築してくれる。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン